プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真勲別川でワカサギ釣り
中学生の息子と2人でワカサギ釣りに行ってきた。場所は茨戸川最下流部となる真勲別川。ここは必ず数が釣れるお勧めのポイント。この日は色とりどりのテントで大変な賑わいである。


息子と2人で準備に取り掛かる。今日は天気も良く、テントもあっという間に張ることができた。
IMG_5035_201501260654190bd.jpg

実釣開始は10時。かなり遅めな時間にもかかわらず、開始早々アタリが連発する。
IMG_5031_20150126065411ac8.jpg

昼くらいまでに2人で50匹位釣れた。我が家ではこれだけあればとりあえず十分である。
IMG_5032.jpg

カップめんを食べて休憩。食べたり、飲んだりと本当にスローな釣りである。遊びというのはこういう感じでちょうどいい。
IMG_5033_20150126065411838.jpg

午後1時に終了して家路につく。ソリがあるととても便利である。
IMG_5037_2015012606544599e.jpg

今日の晩ご飯はワカサギの天ぷらである。サクサクして美味しい。北海道には冬の楽しみがたくさんある。釣って楽しく、たべておいしいワカサギ釣りもその一つだと思う。
IMG_0041_201501260711390dc.jpg



スポンサーサイト
水飲み鳥
「水飲み鳥」というおもちゃをご存じだろうか。私が子供の頃、家に置いてあったのを覚えている。ふと思い出してネットで調べてみると格安で売られていたので買ってみることにした。それにしてもこの「水飲み鳥」はただのおもちゃではない。物理の法則が満載の侮れない代物なのだ。


本体はガラス製。頭と尻の部分が膨らんでいて、これが細い管でつながっている。これが振り子のように動くようになっている。尻の方にある液体が頭の方に管を通って移動していき、頭が重くなると水を飲む。これを繰り返すのである。
IMG_4995.jpg

本体の中には着色された揮発性の液体が入っており、これが蒸発と凝結を繰り返すことで水を飲む動きが発生する。なぜ、こういうことが起きるのか、ここで物理の法則が出てくる。
IMG_4999.jpg

揮発性の液体を凝結させるポイントが頭の部分にある。頭が濡れるとその蒸発によって頭の温度が下がり(蒸発熱)、それと同時に頭の内部の気圧も下がる(理想気体の状態方程式)。このため液体は気圧の低くなった頭の方に向かって管を移動していく。いわゆる温度差がこのような動きを作りだしているのである。
IMG_4991.jpg

単純に見えて、その仕組みはかなり複雑。誰が考えたのかわからないが、よく思いついたものである。我々の日常には物理や化学の原理を利用したものがたくさんある。あらためて身の回りにあるものに関心をもつことが大切なように思う。
IMG_5000_201501041734283cb.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。