プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新篠津村・大塚ファーム
8月29日、仕事の関係で新篠津村の大塚ファームに伺った。代表取締役の大塚裕樹氏は41歳の若手農業経営者。22歳の頃から「無農薬栽培」「有機農業」に取り組み、今年3月、日本農業賞個人の部で大賞を受賞した。


大塚ファームでは害虫防除に化学合成農薬を使わず、竹酢液にニンニク等を漬け込んだ散布液を使用している。17年間継ぎ足しながら製造したまさに秘伝の散布液なのである。
IMG_4177.jpg

作物にとって水は命である。きれいな水で育った農産物は美味しいということで、地下152mから汲み上げた地下水を作物に与えている。
IMG_4182.jpg

ハウスの内部。トマトのそばにバジルや空芯菜を混植している。こうしたコンパニオンプランツを植えることによってトマトの成長促進や病害虫防除など様々な効果を発揮している。
IMG_4186.jpg

糖度の高いトマトを作る方法として、根の温度を下げ、水を少量しか与えず、茎が太くならないような工夫をしている。いうなれば徹底的に苗を鍛えているということだと思う。
IMG_4204.jpg

化学合成農薬のかわりにテントウムシをハウスに放している。特にテントウムシの幼虫は害虫のアブラムシをたくさん食べてくれる。テントウムシも大塚ファームの大切な従業員なのだ。
IMG_4209.jpg

2年前からサツマイモの有機栽培に取り組んでいる。北海道はサツマイモよりジャガイモでしょと思うかもしれないが、ご覧の通り素晴らしい生育である。こういうのを斬新な発想というのだろう。大塚氏は目の付けどころが違うのである。
IMG_4198.jpg

さらに有機サツマイモを使って干しいも作りにも取り組み始めた。いわゆる6次産業化である。干しいも作りで従業員の冬場の雇用を創出し、昨年は5万パックを製造、ファーム全体の売上を大いに伸ばした。
IMG_4221.jpg

こうした販売戦略は妻の早苗さんの発想によるところが大きい。生産のプロである裕樹氏とのまさに二人三脚である。北海道にすごい農家がいる。このことは他の農業者にとっても大きな励みになるだろう。大塚ファーム、新たな頂点を目指してこれからもがんばってほしい。
IMG_4214.jpg

スポンサーサイト
雄武町・レストハウスひまわり
さらに車を札幌方面へと走らせる。途中、MSK川河口付近を見てみるが、やはり釣れている雰囲気はない。ちょうどお昼時ということもあり、近くにある「レストハウスひまわり」に入ることにする。釣り雑誌でも紹介されているお店だ。


Fさんが注文したカツカレー(1020円)。カツが厚くてなかなかのボリュームである。
SN3V0164.jpg

ちーさんが注文したオムライス(910円)。卵がふんわりしていて美味しそう。デミグラスとケチャップの2種類がある。
SN3V0165.jpg

私が注文したハンバーグ(1020円)。ご飯、ライス、スープが最初に出てくる。直後にハンバーグが運ばれてきた。
SN3V0166.jpg

アツアツの鉄板の上に240gのハンバーグがのっている。思ったよりも大きくてボリュームたっぷりだ。味もジューシーでとても美味しい。
SN3V0167.jpg

メニューは和食、洋食、中華から寿司までとバラエティに富んでいる。国道沿いにあって、釣りの途中に立ち寄るにもちょうどいい。いままでスルーしていたのがもったいない。これからも活用したいお店である。
SN3V0169.jpg

雄武町・出塚食品のかまぼこ
カラフトマス釣りの方は全然ダメだったので、趣向を変えてオホーツクのグルメを楽しみながら帰ることにする。最初のポイントは出塚食品のかまぼこである。雄武町の道の駅の隣にある。


店内には揚げたてのかまぼこがたくさん並んでいる。10種類以上あって、どれも美味しそうだ。価格は1個100円か150円ととても手頃である。
SN3V0160.jpg

今回買ったのは、イカ、エビ、タコ、カニ、ホタテ、チーズ巻きの6種類。家族のお土産にちょうどいい。ビールのつまみにも良さそうだ。
SN3V0176.jpg

やっぱりお土産としては魚よりもこっちの方がいいかな。とりあえず札幌に向かって車を走らせた。→次のポイントへ。
SN3V0161.jpg

2014年カラフトマス釣行
8月中旬、恒例のカラフトマス釣りにオホーツク海方面へと向かう。昨年の爆釣を思い描きながら、現地到着は15時。釣れていない情報が聞こえてくる中、有名ポイントには人がたくさん並んでいる。賛否は色々あるが、上流を背にしてフライを流すこの釣り方って何かが違うような気がする。予想通り釣れないので、早めにあがることにして、この日は枝幸町の旅館に泊まる。


翌日は3時に出発。暗いうちに有望と思われるポイントに入る。フライの場合、暗い中でのキャスティングは危険なので明るくなるまで待つことにする。
SN3V0152.jpg

周りをみるとすごい人である。釣れた魚の数より人の数の方が間違いなく多い。川のすぐ近くよりも、網が入っているところで釣れていた。このポイント全体で10匹程度だろうか、同行者のFさんもここで1匹ゲットした。
SN3V0154.jpg

このポイントから少し離れたところで小河川が流れ出るポイントを見つけた。良く見ると魚が泳いでいるのが見える。何度もキャスティングを繰り返すが、魚は見向きもしない。そうこうするうちに干潮時間になり、魚もどこかに行ってしまった。10時30分に釣りを終了する。
SN3V0156.jpg

Fさんが釣ったオスである。ほとんど色が変わっておらず、とてもフレッシュな魚体である。
SN3V0157.jpg

今回の釣果はゼロだったが、まあ、こういうこともあるだろう。釣れない原因として、海水温が高いため、魚の岸寄りが良くないということがあるのではないか。来月にはサケのシーズンが始まる。次回に期待するとしよう。
SN3V0158.jpg

羊蹄山登頂
倶知安へ帰省した際、子供達の要望を受け、久し振りに羊蹄山に登ることにした。メンバーは大学2年の長男、中学2年の次男、46歳の義兄、そして私の4人。ちなみに次男と義兄は初めての挑戦である。ルートは真狩コースから、前日夜に登山口がある真狩キャンプ場に宿泊した。


翌日、午前7時にキャンプ場を出発する。登山口で名前を記載して登り始める。長男が先頭をいいペースで登っていくが、次男と義兄はゆっくりとした登りである。私は最後尾について3人の状況を見ながら登っていく。
IMG_4061_20140817222306142.jpg

7時30分に二合目到着。すでに次男と義兄は疲れている様子。頂上はまだまだ先である。気温が高いので飲料水の消費も激しくなる。
IMG_4064.jpg

8時30分に4合目到着。遠くに昆布岳が見える。途中で雨が降ってきたので合羽を着て登る。7合目付近からは足場が悪い急斜面が続く。ペースはかなり落ちてきており、10時50分にやっと9合目に到着した。
IMG_4068.jpg

11時30分に外輪山の一角である真狩ピークに到着する。義兄は足がつってしまい、ここで休むことにし、長男、次男、私の3人はザックをデポして空身の状態で最高点を目指す。今回は右回りの岩場にルートをとるが、足元が悪いところがあり、気が抜けない。
IMG_4074.jpg

12時13分に1898mの頂上に到着する。曇っていて景色は見えない。3人で握手をしてすぐに義兄の待つ真狩ピークへと向かう。
IMG_4079_20140817222432e4d.jpg

所々で高山植物が咲いていた。紫や黄色の花がたくさんある。ゆっくり眺めている時間もなく先を急ぐ。
IMG_4081.jpg

真狩ピークで義兄と合流。ちょうど外輪山を一周した形になった。ここで昼食を食べながらゆっくりと休む。一瞬晴れ間が広がり、父釜の底が見えた。13時15分に下山を始める。
IMG_4093.jpg

登りと違って下りはヒザに負担がかかる。途中休みながらゆっくりと下る。よくこんなところを登ってきたなあと改めて思いながら下っていく。
IMG_4096_20140817222437f55.jpg

17時15分に登山口に到着。登り5時間15分、下り4時間と平均タイムよりもかなり遅いが、とりあえず無事に下山することができた。
IMG_4102_2014081722251266e.jpg

登山の後はそのまま「まっかり温泉」に入る。入浴料は500円。疲れた体に温かい湯が心地よい。天候が急変したり、足が痛くなったりと厳しい状況だったが、次男も義兄も初挑戦にしてよく頑張ったと思う。少しだけど親子の絆も深まったかな。
SN3V0140.jpg

今回の登山ルートをGPSで記録して地図ソフトのカシミール3Dにダウンロードしたもの。5合目から8合目までのジグザグした登りと外輪山を回っている様子が表現されている。次に登るときの参考にしたい。
羊蹄山真狩ルート

最盛期の家庭菜園
我が家の家庭菜園が最盛期を迎えている。小さな畑の中で所狭しと作物は伸び放題。その様相はまさにジャングルである。


美味しさではやっぱり中玉トマトが一番好きである。赤くなっているのを見つけたらその場で食べる。少し皮が硬いが、独特の味がある。
IMG_4013_2014080322405491d.jpg

ミニトマトは赤と黄色の2種類を植えている。我が家ではアイコという楕円形をした品種が主力である。甘さでは一番といっていいかもしれない。
IMG_4015.jpg

キュウリはほぼ毎日のように収穫しなければならない。少しでもタイミングを逃すとあっという間に大きくなってしまう。食べ頃のものを収穫するためには、こまめに見回りをしなければならないのだ。
IMG_4014_201408032240577bc.jpg

ピーマンも良く実がなる。これも良いタイミングで収穫しないと、知らないうちに実が赤くなっていたり、食べ頃を逃すことになる。
IMG_4016_20140803224059589.jpg

期待のスナップエンドウも実を付けた。本数が少ないので収穫量はそれほどでもないが、豆が大きくなってサヤがパンパンに膨れている。
IMG_4017.jpg

つるインゲンはとにかく穫れる。とれたてを茹でて食べると美味しい。それにしても食べ切れないので冷蔵庫で保存している。
IMG_4019.jpg

今年初挑戦の芽キャベツである。初期の頃にアオムシやヨトウムシにやられてしまい、葉が穴だらけである。肝心の芽キャベツもどこから生えてくるのかわからず、失敗の感あり。まあ、もう少し様子を見ることにしたい。
IMG_4020_20140803224132c96.jpg

ブドウも何とか実がついた。良く見ると葉に毛虫が付いていて、これを手作業で1匹づつ取り、今ではほとんどいなくなった。それにしても無農薬栽培というのは結構大変なものなのだ。
IMG_4023.jpg

とれたてのスナップエンドウを茹でてマヨネーズを付けて食べると最高においしい。ビールのつまみにぴったりである。小さな家庭菜園ではあるが、収穫作業に忙しい毎日である。
IMG_4024.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。