プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の家庭菜園
我が家の家庭菜園の植え付けが終わった。今年は畑おこしと肥料入れを私が行い、他はほとんどカミさんの成果。雨で遅れたが、何とか終了した形である。トマトは義父が作った苗を使用。始めは細くて頼りないが、植えてからの生育が非常に良い。やっぱり作物は良い苗づくりが基本なんだと思う。


車庫脇の芝生をひっくり返して新たな菜園スペースを確保。ここにはインゲン豆を植えた。つるで車庫の壁が隠れるので見栄えも良くなる。
IMG_3762.jpg

初挑戦の芽キャベツである。どうやって食べるのかわからないが、とりあえず遊び感覚で植えてみた。
IMG_3764.jpg

ソラマメも今年初挑戦である。ビールのつまみに最高だが、どんな風になるのかこれも未知の世界である。
IMG_3766.jpg

キュウリは昨年も作ったが、市販の苗でも結構収穫できる。曲がっていても浅漬けにしたりと用途が広い。
IMG_3767.jpg

ナスは過去にも作ってみたが、肥料が少なくて失敗したことがある。今回は生育も順調でいい感じである。
IMG_3768.jpg

スナップエンドウは昨年病気にやられて全滅。今回は苗を作ってから移植してみた。うまくいけばいいが・・・。
IMG_3770.jpg

完全に遊びのつもりで植えたゴーヤ。何年か前にやった時は20cm位の実がなって一応食べることはできた。エルニーニョで冷夏になると獲れない可能性大である。
IMG_3771.jpg

狭い畑ではあるが、とれたての野菜が食べられる貴重なスペースである。豊穣の秋を祈りたい。
IMG_3773.jpg

スポンサーサイト
別海ミルクハウスのソフトクリーム
さらに車で厚岸町から別海町へと移動。翌日の仕事が終わったところで別海ミルクハウスに寄ってみた。別海町は生乳生産量日本一の町として有名。町内の牛の頭数105000頭は町の人口の何と7倍。名実ともに酪農の町なのである。


ソフトクリームだけでなく色々なメニューがある。もちろん使用しているのは別海町産の牛乳100%である。
IMG_3745.jpg

ソフトクリーム(300円)は見ての通りの大きさ。濃厚な風味だが、甘さ控えめでさっぱりしている。自分好みの味である。
IMG_3749.jpg

Hさんが頼んだストロベリーシェイク(300円)もなかなかいい感じ。一気に飲むと頭が痛くなるので、ゆっくり飲んだ方がいいみたいだ。
IMG_3748.jpg

近くにある「JA道東あさひ」の新事務所。6月23日にオープン予定とのこと。ちなみに敷地面積は全国一だそうだ。ソフトクリームだけでなく、何もかもが大きいことを実感しつつ別海町を後にした。
IMG_3730.jpg

厚岸町「コンキリエ」のカキフライ
今週も道東方面へ出張が入った。目的地へ向かう途中、昼食場所ということで厚岸町の「コンキリエ」に入ることにした。コンキリエとは貝の形をした食べ物という意味らしい。やはり特産のカキが有名ということだろうか。


2階のレストラン「エスカル」に入る。カキを中心としたメニューがたくさん並んでいる。
IMG_3719.jpg

建物自体が高台にあって、窓からは厚岸町の街並みが一望できる。とても見晴らしが良いところだ。
IMG_3721.jpg

カキフライ定食は大きめのプリプリしたカキフライが4個、ご飯も多くてボリューム最高である。あまりのおいしさに言葉も出ずに一気に食べ切る。
IMG_3718_201406142016160f1.jpg

若手メンバーが注文した「かきぶた合戦丼」+ご飯大盛り。豚丼の上にカキフライが3個のっている。さすがに若いだけあって全部食べ切るが、自分にはとても無理。傍目に見てすごいボリュームだった。
IMG_3717.jpg

食べ終わって1階に下りると小さな水族館があった。カキが大きくなるまでの様子が展示されている。大きいものでは30cm位のものもある。こんなのをカキフライにするとしたらすごい時間がかかるだろうな。
IMG_3723.jpg

アメマスも展示されている。この水族館、あまり目立たないが穴場的スポットとして食事のついでに立ち寄るのも面白い。また、カキを使ったお土産の類もたくさん並べられている。今回は時間がないのでパス。
IMG_3726.jpg

ここのレストランはかなり人気があるようで、到着時にはほぼ満席。予約もかなり入っていた。かくいう自分も昨年は定休日だったため、2年越しでやっと訪問が実現。こちら方面に行く機会があったら是非絶品のカキフライを味わってみてほしい。
IMG_3729_2014061420165934e.jpg

美瑛選果のソフトクリーム
6月7日~8日にかけて富良野と美瑛に出張。観光ではなくてれっきとした仕事である。富良野に行く途中、美瑛町にある「美瑛選果」に寄ってみた。ここはJAびえいが運営する施設であり、美瑛産農産物の直売所、レストラン、イートインなどが設置されている。


イートインスペースの店内はこんな感じ。ショーケースにはおいしそうなものがたくさん並んでいる。
IMG_3660.jpg

ソフトクリーム(310円)を食べてみる。滑らかな牛乳の風味が最高である。偶然にも担当部長にお会いすることができたので色々と話を聞いてみた。今年は春先からの雨が少なく農作物の生育が心配だが、昨年と比べてお店の売れ行きは好調とのこと。
IMG_3662.jpg

この日は好天に恵まれ、駐車場はほぼ満杯。やはり消費にとって天候という要素は欠かせないものらしい。次は是非レストランで高級ランチを食べたいと秘かな思いを抱きつつ美瑛選果を後にした。
IMG_3666.jpg

美瑛駅でSLノロッコ号を見ることができた。いつ聞いても汽笛の音には哀愁を感じずにはいられない。本当に仕事で来ているのだが、どうしても観光気分になってしまうのである。
IMG_3704.jpg

芽室町「こばやし」のソフトワッフル
芽室町での仕事が終わって帰途につく。地元スタッフからおいしいお菓子屋さんがあるのでお土産にどうですかとのアドバイスを受け、芽室駅のすぐ近くにある「こばやし」に案内してもらった。ここはソフトワッフルが有名とのこと。
IMG_3633.jpg

ショーケースの中にはおいしそうなワッフルがたくさん並んでいる。12種類ほどあってどれを選ぼうか迷ってしまう。1個130円と価格も手頃。カスタード、かぼちゃ、チョコレート、アップル、ストロベリーの5種類を買った。
IMG_3630.jpg

柔らかい生地の食感がとてもいい。甘さも控えめで自分の好みに合っている。ただ一つのことを除けばこの店はかなりポイントが高いと思う。
IMG_3652.jpg

お土産を持って帰るとなぜか家路への足取りも軽くなるから不思議なものだ。家族の喜ぶ顔を見るのがささやかな楽しみでもある。ドヤ顔せずにさりげなく渡すことにしよう。
IMG_3632.jpg

帯広「ふじもり」の豚丼
今週も十勝に出張である。今回は日帰りということでちょうど昼に帯広到着。この日の気温は37℃とたまらなく暑い。


帯広駅の近くにある老舗のレストラン「ふじもり」で昼飯を食べることにした。ショーケースには和食、洋食おいしそうなメニューがたくさん並んでいる。
IMG_3591.jpg

水と一緒にメロンソーダが出てくる。これがこの店のお決まりなのである。
IMG_3590.jpg

私が注文した豚丼(950円)。味も、量も至って普通の豚丼である。特段凝っているわけでもなく、シンプルというか何の変哲もない。でも、それでいい。豚丼というのは本来こういうものであり、こうした変わらなさというのが大切なのだ。
IMG_3589.jpg

相方のMさんが注文したカレーセット(648円)。インデアンはこのお店の姉妹店であり、このカレーセットもインデアンのカレーそのものとのこと。サラダとコーヒーが付いてお得なメニューである。
IMG_3588.jpg

食事を終えて、外に出ると物凄い暑さである。それでも全然大丈夫。おいしいものを食べると不思議と元気が出るものなのだ。
IMG_3592.jpg

ボート試乗会
6月1日、船外機メーカーの知り合いから「ボート試乗会をやっているので来てみませんか」との連絡があり、行ってみることにした。茨戸川のガトーキングダム前ではすでに試乗会が始まっており、たくさんのゴムボートが川岸に並んでいた。


始めに免許がいらない2馬力未満の船外機によるボートに試乗してみる。このタイプは免許が不要だが、やはり救命胴衣の着用や航行ルールなど必要最低限の知識は必要とのこと。スピードはゆっくりで手漕ぎよりも少し早いくらいだろうか。燃料タンクも1時間程度しかもたないらしい。
IMG_3554_20140601192408974.jpg

続いて8馬力船外機のボートに試乗する。2馬力とはスピードが全然違う。始めは舳先が上がっているが、一定以上のスピードになると舳先が下がって水面を飛ぶように走っていく。風を切る爽快感がたまらない。
IMG_3562_20140601192410da0.jpg

あっという間に船は岸から遠く離れたところに到着。すべての面において2馬力とは比べ物にならないが、これを扱うには免許が必要になる。これほどの性能をもつ船で行動するというのはそれなりの危険が伴うのだろうから、いたしかたないところであろう。
IMG_3570.jpg

ちなみにボートを膨らませる方法も色々あって、ポンプは足踏み式だと結構時間がかかるが、電動式なら10分位で膨らむとのこと。もちろん楽な方がいいにこしたことはない。
IMG_3580.jpg

ボート用の魚群探知機も展示されていた。水中の様子だけでなく、GPS機能が付いているので非常時にも役立つとのこと。便利な道具が色々とあるものだ。
IMG_3586_20140601192453043.jpg

この日は天気も良く、たくさんのお客さんが訪れていた。ボートがあれば釣りやカモ猟にも使えるし、洪水?が来ても大丈夫かもしれない。今すぐは難しいけれども、いつかはマイボートがあればいいなと思うのである。
IMG_3581.jpg

石狩沖防での釣り
5月31日、職場の仲間と石狩沖防に釣りに行く。毎年5月の恒例行事であり、シーマスターの船長にはいつもお世話になっている。今回の参加者は4名。この日は風も波もそれほどでなく無く、良い1日になりそうだ。
IMG_3506_20140601064501bdb.jpg

午前5時に花畔ふ頭を出港。石狩沖防まで15分ほどで到着。さっそく各自が釣座を構えて実釣開始する。
IMG_3511.jpg

船長の話では全然釣れないという話だったが、開始早々アタリが出始める。サイズもそこそこで20cm級のマガレイが釣れた。
IMG_3518_2014060106460403d.jpg

潮の流れが変わったとたんにアタリが止まった。釣れるのは石狩名物の大型ウグイのみ。天気が良いのでつい眠くなり、ウトウトしながらアタリを待つ。
IMG_3530.jpg

釣れていない間はほとんど休憩時間だが、時間は有効に使わないともったいない。ゆったりと紅茶を沸かして飲んだり、カップめんを食べたりしながら過ごす。
IMG_3522.jpg

他のメンバーの状況を見に行く。ちーさんが良型のカレイを釣りあげた。
IMG_3527.jpg

毎年好調のMさんはアブラコをゲット。釣果はカレイも含めてメンバー最多の10匹。
IMG_3528.jpg

Nさんが釣りあげたイシモチガレイは今回最大の38cm。本当にでかい!これほど大きいカレイというのはあまりお目にかかることがない。
IMG_3534.jpg

投げ釣りの合間に穴釣りにも挑戦。テトラポッドの間にエサを落とし込むと強烈なアタリとともにロッドが弓なりに。一人では取り込みが大変なのでもう一人にタモ入れを手伝ってもらう。この方法で40cm弱のアブラコが何匹か釣れた。
IMG_3537.jpg

12時に釣りは終了。私の釣果はマガレイ4匹、カワガレイ2匹。アブラコ2匹。全然釣れないと聞いていたが、昨年の2匹と比べればかなり良い方である。とりあえず今回は全員がそこそこに釣れた形になった。
IMG_3544.jpg

船に荷物を積んで石狩沖防を後にする。船長の話では船釣りの方は結構釣れたとのこと。カレイの時期は昨年よりも大幅に遅れているが、これからが良くなりそうである。天気にも恵まれて楽しい1日だった。
IMG_3551.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。