プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転院
5月17日、CT検査の結果が出た。腹部にあるリンパ節の腫大は2月に検査したものと比べて大きくなってはいなかった。担当医の話によると、癌の可能性は低いが、悪性リンパ腫の疑いも否定できず、小腸肥厚の原因も何なのか判別がつかないという。この病院ではこれ以上の進展はないと判断、違う病院で診てもらいたいことを申し出て、紹介状を書いてもらう。こうして6カ月間お世話になった病院を後にした。


5月28日、紹介された病院へ行く。とても大きな病院である。
IMG_1327.jpg

前の病院から検査結果や写真など全ての書類が送付されていた。初診の手続きを終えて総合外来へと行く。
IMG_1328.jpg

採血や採尿も診察カードを機械に入れると受付される。とにかく新しいのと大きいのとでとまどうことが多い。
IMG_1334.jpg

総合外来の消化器の医師から現在までの経過や症状について聞かれる。医師の判断としては、腹部エコー検査やPET検査など今までと違う手法での検査を行った方がよいとのこと。1週間程度の入院となるが、集中的に検査を行ってこのまま経過観察にするのかどうかを判断する。また、前の病院で見つかった大腸ポリープはこれを機会に内視鏡で取ることにした。
IMG_1332.jpg

ということで検査にかかる同意書や説明書などをどっさりともらってきた。今回の入院は長くなりそうだが、これで何とかはっきりさせたいものである。
IMG_1336.jpg

スポンサーサイト
家庭菜園2013
今年は気温が低い日が続き、畑作業もなかなかできなかったが、5月26日にやっと作業をすることができた。門の前で毎年カラスの被害に遭っていたブドウの木を家庭菜園の隣に植えかえる。いちおう芽は出ているが、今年は実がなるのかどうか少し心配である。


手前はミニトマトの苗、奥はインゲンの種を植えた。保温力と保水力をアップするためどちらもマルチをかけている。苗は義父が毎年作っているもので、根の張りがとてもいい。ちなみにトマトは、キャロル、桃太郎、アイコの3品種。どれが美味しく、たくさん収穫できるか楽しみである。
IMG_1316.jpg

千本ネギを植えた。うまく根が付くとたくさん増えるので、千本ネギと呼ばれるとのこと。甘みがあって美味しいらしい。
IMG_1314.jpg

スナップエンドウの種を植えた。茹でてマヨネーズをつけて食べると美味しいのである。
IMG_1315.jpg

きゅうりを植えた。品種は「夏すずみ」というものである。昨年植えた「黒さんご」はたくさんとれたのだが、トゲトゲがあって家族には不評だった。
IMG_1318.jpg

パセリを植えた。多年生なのでうまく根が付くと毎年伸びてくる。葉を摘み取って冷凍庫で保存しておくと好きな時に使えて便利である。
IMG_1319.jpg

トマトなどの苗は「あんどん」をかけて風除けと保温をしておく。ちなみにビニールは20リットルのゴミ袋の底を破いて筒状にして使用。安くて丈夫なので毎年この方法で行っている。最後に水やりをしてこの日の作業は終了。
IMG_1324.jpg

スタートは遅れたが、何とか生育が持ち直して、豊穣の秋が迎えられることを祈っている。
IMG_1323.jpg

町内会の花壇整備
ようやく暖かくなった26日、町内会の花壇整備に出席した。毎年春に街路樹の根元に花の苗を植えるのである。先週もやったらしいが、やはり人出が多い方が早く終わるとのことで、スコップを持って集合場所へ行く。


各班に分かれて花の苗を植えていく。マリーゴールドは花が咲く期間が長いので花壇作りに向いている。
IMG_1291.jpg

さすが役員の皆さんは手際が良い。要領が良くない私は空いたポットを拾ったりしながら、何とか担当の場所を終了。
IMG_1293.jpg

手が空いたので他の班の手伝いに行く。どうやら亜麻を植えるのに時間がかかっているらしい。ポットの中には糸のように細い亜麻の苗が入っており、これを1本づつ植えるとのこと。
IMG_1298.jpg

亜麻は北海道が栽培適地であり、かつては繊維や油をとったりしていた。わが町内会でも「亜麻ロード」を作ろうということで数年前から取り組んでいる。ちなみに苗を植えると左下のような感じになる。小さすぎて良く分からないが、多年草なので毎年大きくなっていく。2~3年で右のように成長し、夏には薄紫色の可憐な花が咲く。
IMG_1299.jpg

町内会でお手伝いしているのは中高齢者が中心だが、とても元気である。みんなで協力しながら1時間で花植えは終了した。
IMG_1303.jpg

いつも自分のことだけで手いっぱいだが、年に1回位は地域のために働くというのも悪くない。車だらけの道路脇が亜麻の花でいっぱいになるのが楽しみである。
IMG_1295.jpg

東京・神田界隈
久し振りの東京出張。時間が空いたのでホテル周辺を散歩してみた。神田周辺には近代的な建築とレトロな建物が混在する不思議な空間が点在する。

老舗の料理屋。見ての通りのレトロな建物である。


こういうものもあちこちにある。ビルの谷間に神の居場所がひっそりと佇んでいる。
IMG_1245.jpg

ビルの間に残る昔の建物も周りの風景に溶け込んでいる。
IMG_1260.jpg

店構えは古いが、かなり有名な店もある。
IMG_1268.jpg

雑然としていても、道路にゴミは一つもない。
IMG_1269.jpg

古いのではなく、大切に使っているといった方がいいのかもしれない。
IMG_1273.jpg

無機的な都会の中にも人の生活を感じさせる何かがある。
IMG_12820.jpg

新しいもの、古いもの、何もかも飲み込んでしまう。やっぱり東京ってすごいところだと思う。
IMG_1283.jpg

札幌市北区「チャイキチ」のあんかけ焼きそば
何も作る気がしない日曜日の夜、ふと中華料理が食べたくなったので、前から気になっていた「チャイキチ」(札幌市北区あいの里2-4-11)に行くことにした。お店の前にはすでに車の列。なかなかの人気店のようだ。価格の方も全体的に手頃である。


やはりここはあんかけ焼きそばが有名らしい。こういう表示があるということはうわさ通り大盛りのようである。
IMG_1228.jpg

長男が注文した「あんかけ焼きそば」(820円)。とにかく皿が大きい!ビジュアル的に思わず戦意を喪失しそうになる。あまりのボリュームに完食ならず。
IMG_1230.jpg

カミさんが注文した「あんかけ焼きそばごはん」(820円)。半分が焼きそば、半分がご飯になっており、2つの味が楽しめる。ボリューム的にはこちらの方が上かもしれない。こちらも完食できなかったので、持ち帰り用の容器をもらって家で食べることにした。
IMG_1229.jpg

私が注文した「ホイコーロー定食」(880円)。ホイコーローにたっぷりのご飯、前菜、スープ、漬物が付いてくる。辛味噌風味でご飯が進む。こちらの方は楽に完食。
IMG_1232.jpg

住宅地の中にあるが、道路沿いにあるのでわかりやすい。この日は付近の大学生だけではなく、家族連れでも賑わっていた。安くてボリュームがある良心的なお店である。
IMG_1223.jpg

札幌市豊平区「そば処叶庵」のとりもつそば
11日、息子の柔道大会があるので「きたえーる」に行く。試合の方は惜しくも1回戦負け。せっかくここまで来たので向かいにある「そば処叶庵」(札幌市豊平区6条10丁目)に行くことにした。土曜日のお昼時ということもあり店内は満員。待っている間に店員さんが注文を聞きにくる。


やはりここは名物の「とりもつそば」(920円)を注文する。まず「更科タイプ」と「手打ちタイプ」のどちらにするか聞かれるが、迷わず手打ちタイプにする。ちなみに手打ちタイプは100円増し。次に「付け麺タイプ」と「どんぶりタイプ」を選ぶのだが、これは「どんぶりタイプ」にした。
IMG_1177.jpg

そば粉は北海道産を使用とのこと。また、とりもつも北海道産の鶏を使用しているらしい。まさに地産地消のメニューである。
IMG_1179.jpg

出てきた!これは結構なボリュームである。具はとりもつと玉ねぎが中心。とりもつの臭みはほとんどない。ネギは別皿で付いてくる。とりもつのダシがつゆに浸み込んでいるのがいい。そばよりも具とつゆのインパクトが強い感じである。ボリュームはあるが、決して食べられない量ではない。
IMG_1178.jpg

お客の大半が「とりもつそば」を注文していたが、向かいのお客さんが食べていた「天ざるそば」も美味しそうだった。なお、お昼時はかなり混雑するので覚悟の上で。是非また行ってみたいお店である。
IMG_1180.jpg

収穫祈願祭
今回の連休は雨続きとなり、その後も低温傾向が続いている。このままでは農作業の遅れも気になるところ。そんな中、職場の恒例行事である収穫祈願祭に参加した。場所は北海道神宮。まさにこのタイミングを逃せば後が無いといった感じである。


参加者全員で今年が豊作であることを祈る。それはそうである。農家が良くなけりゃ給料をもらうのは申し訳ない。当然、そのための仕事はするが、天気だけはどうしようもない。昔の人もこうして神様にその年の豊穣を祈ったのだと思う。
IMG_1154.jpg

収穫祈願祭が終わった後は懇談会が開催される。会場は屋外ということで心配だったが、この日は若干暖かくて何とかなりそうだ。
IMG_1158.jpg

桜は全然咲いていない。開花予想は12日とのことだが、今年は全体的に遅れている。
IMG_1161.jpg

野外で食べるジンギスカンはやっぱりおいしい!今日の病院の検査では悪いものが見つからなかったので、つい食べ過ぎてしまう。もちろん3週間振りのビールもおいしい。
IMG_1162.jpg

暗くなっても懇談が続く。普段なかなか話ができない人とも会話が弾む。神様はこうしてお酒を飲んで楽しむ人たちを見ることで喜びを感じるのだとか。
IMG_1164.jpg

さすがに夜になると肌寒いが、炭火というのは身も心も温まるものである。こうして午後8時に懇談会はお開きになり、全員で片付けて帰途につく。久し振りに楽しいひとときを過ごすことができた。兎にも角にも豊穣の秋が迎えられることを祈るばかりである。
IMG_1168.jpg

春を探しに
5日、カミさんの実家の倶知安町へ行く。毎年この時期は羊蹄山をぐるり一周ドライブするのが恒例である。山麓には春を感じさせる自然に溢れている。


山麓のあちこちに湧水がある。京極の吹き出し公園が有名だが、地図を見ながらひっそりと佇む湧水ポイントを探すのも楽しみの一つなのだ。
IMG_1094.jpg

エゾノリュウキンカの花が咲いていた。この時期にして最高の被写体であり、つい何枚も撮らされてしまう。別名はヤチブキ。フキに似た葉はおひたしにして食べるととてもおいしい。
IMG_1093.jpg

ご存じフキノトウである。花が開く前であれば天ぷらにするとおいしい。この状態ではちょっと無理。
IMG_1095.jpg

雪の上にカエルの卵を発見した。どこか近くにカエルが潜んでいるのだろう。
IMG_1100.jpg

湧水の落ち葉の下を探してみる。たくさんのカエルが水底に隠れていた。
IMG_1101.jpg

卵の親のエゾアカガエルである。こいつの姿を見ると春の訪れを感じさせる。
IMG_1099.jpg

帰りに真狩村で湧水を汲んでいく。これで落したコーヒーは格別。やっぱり田舎は最高である。
IMG_1106.jpg

2013年釣り大会
4日、毎年恒例の釣り大会の日である。小雨混じりの中、職場の釣り仲間7名が花畔ふ頭に午前5時に集合。いつもお世話になっているシーマスターの船長に石狩沖防波堤まで渡してもらう。この日は10名乗りの船が出動である。


石狩沖防波堤までは10分ほどで着く。船着場を出ると思ったよりもうねりがあり、どうやら底荒れしている模様。船長の話では昨日は全然釣れていなかったとのこと。まあダメで元々という気持ちでやれば1匹でも釣れればうれしいものである。
SN3V0034.jpg

船を降りて左側の先端方面へ行くことにする。さっそく釣り座を構えるが、この天気ではテンションが上がらない。気温も低く、つらい日になりそうだ。
SN3V0035.jpg

サオを出してすぐにマガレイが釣れてきた。これは幸先の良いスタートということで気合が入るが、その後はさっぱりアタリが来ない。
SN3V0036.jpg

全然釣れないので他のメンバーのところに釣果を確認しに行く。Mさんはちょうど良いサイズのマガレイが3枚。この厳しい状況で釣るとはさすがである。
SN3V0039.jpg

ちーさんは35㎝オーバーの肉厚な大物クロガシラをゲット。恐らく本日の沖防上で最大の獲物に違いない。刺身にしたら最高だろうな。
SN3V0038.jpg

私の隣でやっていたIさんも良型のクロガシラ2枚とマガレイをゲット。おめでとうございます。
SN3V0041.jpg

終了30分前に私のサオにやっとマガレイが来た。釣果2枚でこの日は終了。とりあえずボウズではないが、厳しい結果である。
カレイ3

お迎え時間前に全員が乗船場所に集合。この日は全体的に釣れていない様子。もし釣れていたらこんなに早くは集まらないだろう。船長曰く「石狩平野が雨の日は平均的に釣果が良くない。昨日は船釣りでも10匹程度。もう少し風が南向きにならないとダメかな」とのこと。
SN3V0043.jpg

12時に石狩沖防波堤を後にする。この次に来るのはまた1年後かな。春のベストシーズンにもう1回は釣りに行きたいところである。
SN3V0044.jpg

札幌市北区「鎮海楼」のセットメニュー
連休後半の初日、引越後の両親の家へ訪問する。新居での生活にもすっかり慣れたようで、近くに美味しい中華料理の店があるとのことで行くことにした。「鎮海楼」(札幌市北区新琴似10条3丁目)は住宅街の中にあるお店である。各自好きなメニューを注文する。


次男が注文した「チャーシューメン(味噌)大盛り」(880円+100円)。スープはどちらかというとあっさり系のようだ。
IMG_1086.jpg

「Aセット」はあんかけ焼きそばにサラダと杏仁豆腐が付いて880円。ボリュームがあって美味しいので、おすすめである。
IMG_1085.jpg

「半ラーメン・半チャーハンセット(1000円)」は見ての通りボリュームたっぷり。チャーハンの味付けは意外とあっさりしていて食べやすい。
IMG_1014.jpg

娘が頼んだ「エビチリセット(1480円)」。エビチリはもちろんだが、春巻きもサクサクして美味しかったとのこと。
IMG_1088.jpg

「カニとレタス入りチャーハン(880円)」もボリュームたっぷり。ちなみにチャーハン系は若干時間がかかるようだ。
IMG_1089.jpg

デザート系もある。「ゆずシャーベット(390円)」は思ったよりも大きかった。
IMG_1090.jpg

JR新琴似駅の北西側あたりに位置している。赤い建物が目印でなのでわかりやすい。どのメニューも外れは無いと思うが、迷ったらとりあえずコストパフォーマンスが高いセットメニューがおすすめだ。
IMG_1016.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。