プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サツマイモの収穫
今年の家庭菜園は順調に終了した。特段何かしたということはない。やはり天候に恵まれたのだろう。キュウリ、ピーマン、ミニトマトも食べ切れない位に実が付いた。しかし、まだ収穫が終わっていない作物がある。今年初めて挑戦したサツマイモで「紅あずま」という品種である。蔓が伸び放題で大変な状態になっていた。


すでに収穫時期もギリギリということで、雨の中、イモ堀りを強行する。少しずつ伸びた蔓を刈りながらイモがありそうな場所を掘っていく。ところが全然イモが出てこない。あるのはイモというより細い根のようなものばかり。
IMG_0137.jpg

やっとイモらしいものが出てきた。イモの周りの土を少しずつ掘り進めるが、結構深くまで埋まっている。色も形もサツマイモである。これはいいぞとさらにイモを探して掘っていく。
IMG_0139.jpg

しかし、その後は全くイモが出てこない。結局モノになりそうなのはこの1本のみ。やはり栽培の仕方がどこかで違っていたようである。どこがどう違っていたかはこの際どうでもいい。それよりも家族5人で1つのイモをどうやって食べるかが我が家にとって大きな課題である。
IMG_0140.jpg

スポンサーサイト
中学校の数学
学校の勉強で一番苦手だったのが数学である。ルートとかシグマとか教科書を読んでも頭に入っていかず、とにかくダメだった。苦手だという理由だけで逃げていたというのもあると思う。

それでも何とか高校、大学と進み、そして社会人になったが、微分や積分とか実生活で使うということはほとんどない。ただ、恥ずかしながらこの年になって論理的に物事を考えることの重要性を感じるようになった。人間が感情論とか先入観といったものに支配されがちなのはわかる。自分もそうだ。でもそれだけではダメなんじゃないかと思うのである。

自分がどこで躓いたのかもう一度戻ってやってみようと中学校レベルの数学の本を買ってきた。とりあえずこれをやってみて、理解できるようなら高校生レベルにステップアップする計画である。
IMG_0096.jpg

まず計算問題からやってみる。四則混合の場合、例えば○×△-□÷2という計算問題では掛け算や割り算からやって足し算や引き算はあとからやる。決められた通りにやらなければ正しい答えは出てこない。当たり前だが、物事には必ず決まりがあって答えがある。
IMG_0097.jpg

数字の0(ゼロ)はインド人が発見したらしい。0によって何もないことを表現することができる。例えば105の場合、十の位には何もないことを示しているが、0が無かったら表現のしようがない。0を発見した人は本当に偉大だったのではないだろうか。
IMG_0099.jpg

さて実際に問題を解いてみるが、簡単そうにみえる計算問題なのにかなり間違えてしまった。中学校の問題とはいえ決して侮れない。とりあえず自分の弱点はわかったので繰り返し解いてみようと思う。ただこの1冊が終わるまでかなり時間がかかりそうだ。
IMG_0100.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。