プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダッチオーブンでフライドチキンを作る
キャンプ用に買ったダッチオーブンを引っ張り出してきた。これで揚げ物を作ると美味しくできるらしいので、今日はフライドチキンを作ってみることにする。鶏料理にはやっぱり「クレイジーソルト」が重宝する。これを使うと香りと風味が増すのだ。


手羽元と胸肉(500グラム)に「クレイジーソルト」(小さじ3)、「こしょう」(少々)、「レモン汁」(少々)「お酒」(大さじ2)をビニール袋に入れて30分おき、下味を付ける。
IMG_6261.jpg

肉を溶き卵に付けて小麦粉(片栗粉少々を混ぜる)をまぶす。粉をはらって油を熱したダッチオーブンの中に入れる。
IMG_6262.jpg

油の量は鍋底から2cm程度でよい。温度は170℃位でフタをして約8分間揚げる。
IMG_6264.jpg

フタが重いので圧力鍋と同じ効果があり、肉がふっくらと柔らかく仕上がる。あのケンタッキーと同じ原理だ。
IMG_6265.jpg

フライドチキンの完成!ビールとの相性抜群である。一人の週末のちょっとした楽しみ。ってこんなに食べきれないぞ!
IMG_6266.jpg

スポンサーサイト
羽幌町「そば処・山」
28日、仕事で初山別村に向かう途中、お腹が空いたので羽幌町で昼食をとることに。「そば処・山」(羽幌町南3条1丁目)に入る。大分前に来たことがあるお店だ。


Wさんが注文した「肉とじそば」(750円)。そばはもちろん手打ちである。
KC380127001.jpg

Sさんが注文した「ミニカツ丼+かけ半玉」(500円+400円)。こういう組み合わせもできる。
KC380126001.jpg

Tさんが注文した「天ぷらそば」(700円)。そばが隠れるくらい天ぷらが大きい。
KC380125001.jpg

私が注文した「カツ丼」(800円)。味は普通である。
KC380128001.jpg

ここのおすすめはやっぱり「天ぷらそば」かな。ちなみに店の左隣にある駐車場は向かいにあるパチンコ店のもの。お間違えないように。
KC380129001.jpg

稚内市「ボリューム亭」のポークソテー
この日の泊りは稚内市内。たまには酒無しで晩飯でも食べようとSさんと二人で「ボリューム亭」(稚内市中央2丁目)に行く。以前にランチを食べに行ったことはあるが、夜に行くのは初めてだ。この日は奮発して一番高い「ポークソテー」(1200円)とライス(200円)を注文する。


出てきた!ポークソテー。アツアツの鉄板の上に乗っている。ご飯は大盛りというよりは山盛りである。
IMG_6255.jpg

デミグラスソース風味でなかなか美味しい。厚切り肉2枚はかなりのボリュームだが、意外とあっさり食べられる。
IMG_6257.jpg

Sさんが注文した「ハンバーグカレー」(850円)。カレー好きなSさん曰く「もう1杯食べられそう」とのことだが、こちらもかなりのボリュームだ。
IMG_6256.jpg

大盛り屋さんなのにショットバーのようないい雰囲気。満腹でふらふらになりながら店を出る。いつまでもこんな食べ方してたら確実に寿命が縮まるな。食べ過ぎもほどほどにしよう。
IMG_6258.jpg

抜海港のアザラシ
天塩町から稚内市に向けてさらに北上。途中で抜海港にアザラシがいるかどうか確認に立ち寄る。過去2回ほど寄ったことがあるが、いずれも会えたことがないのだ。アザラシポイントには冬季限定の観察所が設置されており、今回は期待できるかも・・・。


海面を良く見ると・・・いた!アザラシが顔を出している。やはり警戒しているのか近付いてこないが、こちらをじっと見ている。初めての対面にちょっと感動。
IMG_6252.jpg

さらに見ていると何頭も水面から顔を出しているのが見えた。アザラシ達は厳しい冬をこの港で過ごし、春にはまたどこかへと旅立っていく。11月1日から3月31日までがアザラシ観察のシーズンである。興味のある方は是非訪れて見てほしい。宗谷の厳しい冬の自然が実感できる。
IMG_6253.jpg

2011年初ワカサギ釣り
釣りのブログのはずなのに最近全然釣りの話題がない!という批判の声があるわけでもないが、1月23日、今年初めてのワカサギ釣りに行くことにした。目指すは最近好調との情報がある「砂川オアシスパーク」である。

旭川を6時10分に出発。凍った道路をひた走る。車内が冷え切っていて全然暖かくならない。


7時40分に現地到着。すでに駐車場は満車状態。管理人が停める場所を指示してくれる。いつもながら管理が行き届いているところだ。
IMG_6235.jpg

8時に実釣開始。はじめから入れ食いモード。ほとんど休む暇がない。次から次へと釣れてくる。
IMG_6236.jpg

外道のモツゴが釣れてきた。なかなかの餌取り名人である。これは食べられないのでお帰りいただく。
IMG_6238.jpg

開始から1時間で100匹位釣れた。釣ったワカサギは焼酎のペットボトルの中に泳がせておく。10時を超えたあたりでアタリが少なくなり、結局150匹ほど釣って終了。これだけあれば晩ごはんのオカズには十分である。
IMG_6237.jpg

テントを撤収し、ソリに道具一式を乗せて帰途につく。気温が高いので足元の氷がグチャグチャになり歩きにくい。
IMG_6239.jpg

駐車場から釣場を見る。色とりどりのテントが並んでいる。時間はすでに11時。これから釣り始める人たちもいるが、場所によってはこれからでもまだ釣れるだろう。駐車場・トイレ完備で、しかも無料!本当に貴重な釣場だと思う。
IMG_6241.jpg

一人では食べきれないので、札幌の自宅へワカサギを持ち帰ることにする。天ぷらにして家族みんなでいただく。ほんのりとした甘さが口の中に広がる。これぞ冬の味覚!やっぱりワカサギ釣りって最高だな!
IMG_6242.jpg

旭川市「美津本」の生ちらし
22日、札幌に帰らないのをいいことにフードファイト(いわゆる大盛り制覇)に挑戦する。ターゲットは「美津本」(旭川市南6条通26丁目)である。ここのランチの大盛りは本当にすごいらしい。「生ちらし大盛り」(840円+105円)を注文する。
IMG_6230.jpg

出てきた瞬間ヤバいと思った。ご飯が器にびっしりと詰まっており、さらにネタが盛り上がっている。一体どうやって食べたらいいのか…。
IMG_6227.jpg

横から見るとこんな感じ。フタが全く機能していない。しかしこれが便利なもので、フタを皿がわりにしてネタを移動させ、ご飯にたどり着くことができた。ネタもマグロ、ハマチ、タイ、サーモン、サバ、ホタテ、ホッキ、甘エビ、イカ、イクラ、トビッコ、厚焼き卵とどれも申し分が無く美味しい。
IMG_6225.jpg

半分食べたあたりでかなりお腹がきつくなったが、マイペースで何とか完食。これは普通盛りで十分だと思う。
IMG_6229.jpg

ちなみにランチはご飯が無くなり次第終了とのこと。この日は午後1時前に終了となった。行くなら早めの方がいい。安くて美味しく大盛りのこのお店、大満足間違いなしだ。
IMG_6232.jpg

パピィ語録
自宅でパピィと久し振りに遊んだ。カゴに近付くといつもこの体制で出してくれるのを待っている。とてもかわいいヤツである。週末にしか会えないのがちょっと淋しい。


ちなみにカミさんと子供達が今までに教えた言葉を羅列すると…
「パピィチャン」→最初に覚えたのがこれ。
「アソボ」→連続バージョンあり。
「ダイスキ」→「パピィチャン」の次に続くことが多い。
「カワイイネ」→これも「パピィチャン」とセットでしゃべる。
「ゲンキデスカ」→これには結構癒される。
「コンニチワ」→基本形。
「オハヨウ」→同じく基本中の基本。
「ダシテー」→ついカゴから出したくなる。
「テンサイクン」→すぐに言葉を覚えるので。
「イイコイイコ」→全く誰に言ってんだか。
「ワッハッハ」→笑い声には聞こえないけど。
「イイテンキダナア」→曇っていても関係ないようだ。
「ホーホケキョ」→お前ウグイスじゃないだろが。
「チョンワチョンワ」→???意味不明。
この他にもまだあるような気がする。
IMG_5884.jpg

そんなわけで現在練習中の言葉は「ラブ注入」(←って変なの教えんなよな。こらっ!)
ホントよくしゃべるものだ。やっぱり飼い主に似るのかも…。
IMG_5804.jpg

大雪パニック
北海道は年明けから大雪が降り続いている。そして1月16日、札幌から旭川へ戻るため札幌駅に行くと、大雪で旭川方面のJRは全線運休に。開通の見込みがないのでバスターミナルへ行く。


どうやらバスは動いているが、高速道路は札幌から美唄まで通行止めの模様。係員に聞くと旭川まで4時間から5時間かかりそうだとのこと。普段なら2時間ちょっとなのに…。とりあえず並んで待つことにする。
IMG_6218.jpg

乗り場はすでに長蛇の列。やはりJRから回ってきた客が多いのだろう。寒くて足の感覚が無くなってくる。1時間以上待ってバスが到着。
IMG_6219.jpg

15時20分に札幌を出発。もちろん車内は満員。途中で高速道路も美唄~岩見沢間が開通したらしく、岩見沢ICから高速道路に入り、バスは一路旭川へ。予定よりも多少は早く着きそう。
IMG_6221.jpg

19時05分、やっと旭川に到着。札幌を出発してから3時間45分かかったことになる。今年は雪が少ないと思っても、最終的に帳尻は合うものだが、この大雪、本当にどうもならん…。
IMG_6222.jpg

「せんべい汁」を作ってみる
正月に東北に行った人からお土産をもらった。「せんべい汁」というもので大変おいしいとのこと。さっそくレシピを見ながら作ってみることにした。


まずごぼうをささがきにし水にさらしてアクを抜く。鶏肉は一口大に切っておく。
IMG_6210.jpg

鍋に800㏄の水とごぼうとにんじんを入れて沸騰するまで煮る。
IMG_6211.jpg

沸騰したら白菜、鶏肉、しめじ、えのき茸を入れ、しょう油ベースのスープを入れて再び沸騰するまで煮る。
IMG_6212.jpg

南部せんべいを4つに割って鍋に入れ、5~6分間煮る。最後に水菜とねぎを入れて一煮立ちさせる。
IMG_6213.jpg

これで完成!せんべいは溶けずに形がしっかり残っている。
IMG_6214.jpg

このせんべい、歯ごたえがあり、モチモチした感触がなかなか良い。北海道にはない味覚。東北にはこんな食べ物があるんだなあとしみじみと感じた。T君、とても美味しかったよ。どうもありがとう!
IMG_6215.jpg

旭川市「手打蕎麦処・左膳」
久し振りに外にそばを食べに行こうということになった。大雪の中、ここは高いけど絶対に美味しいということで「手打蕎麦処・左膳」(旭川市神楽岡2条5丁目1-5)へと車を走らす。おすすめの「つけ地鶏」(1000円+大盛300円)を注文する。
110107_1234~01

出てきた!私の好きな冷たいそばを温かい汁で食べるタイプである。ちなみに上川産そば粉100%を使っているとのこと。そばはコシがあってとても美味い!また、汁の中の地鶏がいい味を出している。これは今まで食べたそばの中でも最高クラスだ。
110107_1251~01

住宅地の中にあって少しわかりにくいかもしれないが、お客さんは結構出入りしていた。そばにうるさい人をここに連れていくと恐らく無言になると思う。知る人ぞ知る「隠れ家」的な存在なのである。
110107_1231~01


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。