プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラマンアート
11月23日、火曜日という中途半端な国民の祝日を旭川で過ごす。前から気になっていた道立旭川美術館で開催中の「ウルトラマンアート」を見に行くことにした。
IMG_6092.jpg

入口ではお決まりの「ウルトラマン」がお出迎え。撮影後に製作されたもの。入口広場近くの展示物はいずれも触ることができる。
IMG_6088.jpg

人気者の「バルタン星人」。大胆不敵なあの笑い声「フォッ、フォッ、フォッ」と思わずマネしたくなる。
IMG_6080.jpg

場内のあちこちに説明パネルが掲示されている。子供の頃には気が付かなかった物語の深い背景がよくわかる。
IMG_6090.jpg

ウルトラセブンに出てきた「ビラ星人」。やっぱりウチワエビに似てる。
IMG_6082.jpg

手前から「ホーク3号」「ホーク1号」「ジェットビートル」いずれもウルトラシリーズに登場した飛行機である。
IMG_6084.jpg

超マイナーな怪獣「マグラー」。今にも動き出しそうなリアルさだ。
IMG_6085.jpg

ちゃぶ台の前に座る「メトロン星人」。ウルトラセブンと話し合う有名な場面を再現したもの。
IMG_6089.jpg

残念ながら撮影できるのはここまで。ここから先は撮影禁止となる。中には実際に撮影に使われた機材や台本、コンテ図、ジオラマなどがある。これらの古びた展示物の中にはまさに芸術といったものが多数あった。
IMG_6091.jpg

自分の中にあるウルトラマンと怪獣たちの記憶が朽ち果てていくのと同時に、撮影で使われた道具達もいずれは朽ち果てていくのだろう。時代の変遷とともに消えていくもの、主催者はこれを「アート」として表現したかったのだと思う。11月28日まで。
IMG_6095.jpg

スポンサーサイト
札幌市・北区「独多日」のビーフリヨネーズ
札幌の自宅近くで素敵なお店を見つけた。「独多日」と書いて「ひとりたび」と読む。ランチメニューが豊富なので家族で色々と注文してみることにする。


壁にはマンガの本がたくさん並んでいる。これは退屈しない。一人で来ても大丈夫だ。
IMG_5867.jpg

当店の一番人気「ビーフリヨネーズ」(710円)である。デミグラスソースがかかったドリアといった感じである。アツアツの器で運ばれてくるが、これがなかなか美味しい!煮込んだ牛肉がとても柔らかいのだ。
IMG_5869.jpg

この日の日替わりランチは「ハンバーグ&ロールカツ」である。これで680円は安いと思う。
IMG_5871.jpg

「チキンカツランチ」(710円)。子供の感想では、少し塩っぱかったとのこと。
IMG_5872.jpg

地下鉄北34条駅の近く(札幌市北区北35条西5丁目)であり、かつてあった麻生自動車学校(今はパチンコ店)の隣と思えばわかりやすい。雰囲気が良くて美味しいお薦めのお店である。
IMG_5873.jpg

不思議な風景~築地川公園(その2)
多目的広場を出て「築地川公園」を歩く。幅50mほどの小さな公園である。


聖路加国際病院の近くで公園の地下につながる入口を発見。恐る恐る入ってみることにする。(たぶん立入禁止)
IMG_5958.jpg

先ほどの多目的広場のネットが張ってあった裏側に着いた。ここで折り返す道路があり、奥から工事の音が聞こえてきた。何だかヤバそうな雰囲気なので早々に退却する。
IMG_5960.jpg

地上に出て公園横の道を歩く。先ほどの道路の延長線と思われる上には金網がかぶせてある。下には工事関係者らしき人が歩いていた。
IMG_5967.jpg

公園をさらに歩いて行くと公園を横切る橋がある。欄干には「あかつきはし」と書かれている。どうやらこの公園はかつてこのあたりを流れていた「築地川」を埋め立てて作られたものらしい。それにしても川が無いのに橋があるというのは不思議な風景だ。
IMG_5970.jpg

公園の脇に橋の欄干だけが残されていた。「さかいはし」と書かれている。かなり昔に作られたものだろう。
IMG_5964.jpg

出張合間にちょっとした探検気分を味わった。それにしても地下を走る道路は一体何のために作られたものなのか?東京にはまだまだ知らない世界があるようだ。
IMG_5968.jpg

不思議な風景~築地川公園(その1)
前日は東京泊まり。天気がいいので朝の散歩に出発。新富町のホテルを出て間もなく不思議な風景に出会った。
入船橋の下に使われていない道路がある。かなり前から使われていない感じである。どうやら中央区役所の方まで伸びているようだ。


入船橋の西側から下を見ると広場がある。反対側に階段があって降りられるようなので行ってみる。
IMG_5947.jpg

どうやらここは築地川公園(多目的広場)という所らしい。この看板の横にある階段から下に降りることができる。
IMG_5950.jpg

コンクリート壁の向こうは空間になっているようだが、鉄板でふさがれている。この鉄板の向こうには何があるのだろうか?
IMG_5951.jpg

こちらはネットでふさがれている。向こう側は道路につながっているみたいだ。一体どうなっているんだろう。
IMG_5952.jpg

入船橋の下は「わんわん広場」というドッグランになっている。向こう側は初めに見た使われていない道路につながっている。
IMG_5953.jpg

川が無いのに「築地川公園」という名前。この場所だけ開発から取り残されたような不思議な感覚にとらわれる。もう少しこの付近を散策してみることにした。
IMG_5956.jpg




日比谷野音~永田町までのデモ行進
集会終了後、デモ行進が行われた。北海道は先頭グループでの配置に付いて12時30分、日比谷野外音楽堂を出発する。プラカードやのぼりを掲げ、徐々に参加者の気勢があがってくる。


「農林水産省」の前を通過。「農水省がんばれ!」彼らは我々の立場を理解している人たちでもある。その向かいには「外務省」。参加者からは「しっかり外交しろ!」「前原出てこい!」といった言葉が飛び交った。
IMG_6006.jpg

「財務省」と「農林水産省」の交差点。ここで車列を遮断して右折。警察官の誘導で進むが、やはり道路は渋滞。お急ぎの方、どうもすみません。どうしても我々は伝えたいことがあるのだ。
IMG_6013.jpg

「国会議事堂」が見えてきた。ここで警察官からプラカードやのぼりを下ろし、ハチマキを外すよう指示がある。ここから「請願活動」に入るらしい。(?)意味が良くわからない。
IMG_6017.jpg

「総理官邸」を通過。シュプレヒコールをあげずに黙々と歩く。こうしないとダメらしい。日本国憲法第21条では表現の自由が保障されているはずなのに。それにしても警察官の数が多い。どうやらAPEC首脳会合を控え、警備が強化されているようだ。
IMG_6023.jpg

国会議事堂の受付付近で国会議員たちが出迎えていた。ここが「請願活動」の会場。「よろしくお願いします!」と声をかける。各党の議員も「御苦労さま!」「頑張って下さい!」と応えてくれる。しかし、ここにいるのは野党議員のみ。民主党議員の姿はない。
IMG_6029.jpg

約45分歩いてデモ行進は終了。自民党本部付近で解散となった。小さな声がたくさん集まり、大きな声になって霞が関と永田町に響き渡った。果たして我々の声は伝わっただろうか。
IMG_6024.jpg

TPP反対緊急全国集会
11月10日「TPP交渉への参加に反対し、日本の食を守る緊急全国集会」に出席した。場所は日比谷野外音楽堂。全国の農業者や関係団体など約3000人が集結した。


そもそもTPPとは何なのか。TPPの正式名称は「環太平洋戦略的経済連携協定」といって、はじめはシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイなど太平洋を取り巻く4カ国が結んだFTA(自由貿易協定)である。これに米国や豪州が相次いで参加を表明、日本もこれに遅れまいと、菅総理が10月1日の所信表明演説で「参加を検討する」としたもの。あまりにも唐突な出来事であった。
IMG_5978.jpg

TPPは参加国間における貿易に際して全ての品目において関税を撤廃することが原則となっている。つまり日本からの自動車や工業製品など輸出品に対しては相手国の関税が無くなることで輸出しやすくなる。いわゆる推進派の論理である。
IMG_5991.jpg

一方、我が国も輸入品に関する関税を撤廃することになるが、こうなると価格が低い米国や豪州から米、小麦、甘味作物、牛肉、乳製品などの農産物が一気に入ってくる。競争力に乏しい我が国の農業は壊滅的な打撃を受けることになる。特に北海道の場合、こうした作物の割合が大きく、影響は必至である。
IMG_5997.jpg

日本が貿易立国であることはもちろん理解しているし、海外との貿易が日本にとっての生命線であることは承知している。しかし、そんな中、前原外務大臣は「第1次産業はGDPの1.5%しかない。残り98.5%がその1.5%の犠牲になっている。」と発言した。
IMG_5988.jpg

第1次産業があって、第2次、第3次産業があることくらい小学生でもわかっている。必ずしも貿易だけではない。様々な産業や人が結び付いて地域経済は成り立っている。前原外務大臣はそのことをわかって発言しているのだろうか。
IMG_5985.jpg

各党の代表者演説。民主党の郡司彰氏はついこの前まで農林水産副大臣をやっていた人。ご覧のとおり会場で配布されたTPP反対のハチマキはしていない。これが国民が選んだ与党の姿である。会場の拍手はまばらなだけでなく、あちこちからヤジが飛んだ。
IMG_5990.jpg

10年後に食料自給率50%を目指すと言ったのが今年の3月。関税を撤廃すれば50%どころかさらに食料自給率は現状の40%から14%に下落すると試算されている。食料自給率50%を目指すというのはウソだったとでもいうのであろうか。他の政策を見てもいえることだが、今の政権はやっていることに全く一貫性がない。
IMG_5986.jpg

マスコミ各社も取材に訪れていた。ある社の記事を見て思ったのは、TPP賛成の記事は大きいのに、反対の記事はとても小さいこと。これは明らかな世論誘導である。事実を正しく伝えない報道姿勢は「自殺行為」に等しい。
IMG_5995.jpg

会場の出席者から大きなシュプレヒコールがあがった。全国の農民は怒っている。本当に怒っている。
IMG_5999.jpg

JAグループ北海道サンクスマッチ「コンサドーレ札幌VSジェフユナイテッド千葉」
11月7日、JAグループ北海道が協賛するJ2「コンサドーレ札幌VSジェフユナイテッド千葉」を観戦した。会場の札幌ドーム。見るたびに思うけど、映画「インディペンデンス・デイ」に出てくるエイリアンの巨大円盤に似てる。


会場内にはJAグループ北海道のブースが数か所設置されている。ホクレンのブースでは何かの無料配布が行われてたようだが、あっという間に無くなったとのこと。人気のほどがうかがえる。
IMG_5915.jpg

16時に試合開始。前半戦はジェフユナイテッド千葉のペースで試合が進むが両チームとも得点なし。後半戦もコンサドーレ札幌に危ない場面が続くが、GK高原の好プレーで何度も切り抜ける。もうダメかと思われた後半42分にMF宮澤がヘッディングシュートを決めた。これが決勝点となりコンサドーレ札幌が1対0で奇跡の勝利。
IMG_5930.jpg

MVP賞はやっぱりGK高原。JA北海道中央会の飛田会長から「北海道産牛肉1年分」が贈呈された。1年分って一体どれ位の量になるんだろうね?
IMG_5940.jpg

試合が終わって会場を後にする。とりあえず勝って良かった。「コンサドーレ札幌」の皆さん、感動をありがとう!
IMG_5942.jpg

留萌管内産米PRキャラバン2010
11月1日~3日まで関係者とともに「留萌管内産米PRキャラバン」に行ってきた。留萌北部、宗谷管内のJAや関係機関を訪問し、今年の新米を贈呈した。昨年と同様にミス北海道米、コメファイターも同行してくれた。
IMG_5896.jpg

訪問先でPRチラシを配るコメファイター。昨年は初めてということもあり、あまり人が近付いてこなかったが、2年目の今年は人気者。あちこちで記念撮影を頼まれる。
IMG_5898.jpg

3日目は留萌管内の米と牛乳乳製品の消費拡大イベントを開催。留萌市内と羽幌町内の量販店を会場に、新米の試食会、牛乳の試飲会、管内産バターの無料配布などを実施した。
IMG_5904.jpg

試食用の新米は留萌管内産の「ななつぼし」と「ゆめぴりか」。今年の米はタンパク値が高いにもかかわらず、アミロースが低いので全く問題がない。とてもおいしい米に仕上がっていた。
IMG_5902.jpg

イベントではお客さんとの会話も重要である。ただ店頭に置いておくだけではなく、こういうふうにお米を作っていますとPRできるのもこうしたイベントの良いところである。こうして今年のキャラバンは無事終了。来年もまた新たなことに挑戦していきたい。
IMG_5907.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。