プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道東下りアメマス釣行
4月4日、川を下るアメマスが釣れている道東へと向かうことにする。雪が降る中、午前2時30分に旭川を出発。白糠町にある茶路川のポイントに着いたのは午前6時30分。片道約250kmの道のりはいつも期待が大きい分だけ近く感じるものだ。

いつもの中流ポイントでやってみるが全く反応がない。アメマス達はもう下流に下ってしまったのだろうか。


茶路川河口付近はまるでサケ釣りのように釣人がずらりと並んでいる。入る隙間もないので、近くの小河川に移動する。釣人が2人しかおらず、バックスペースもそこそことれる。
IMG_4684.jpg

ここも相変わらず反応がない。ダメもとで友人に教えてもらった伝説のフライ「モンタナマラブー」を結んでみる。あまり釣れる気がしないのでフライボックスの中で眠っていたもの。しかしこれで流れが変わった。
IMG_4687.jpg

ほどなくして45㎝のアメマスが釣れた。やはり川を下ってきたのだろうか、痩せた魚体ながら引きは強い。
IMG_4681.jpg

続けてさらに強いアタリ。何度もラインを引き出しながら上がってきたのは60㎝のアメマス。魚体を見ると以前釣られたものらしくラインで擦れたような大きな傷がある。ボロボロになっているのにフライに食い付いて来たアメマスを見ているうちに何だかブルーな気持ちになってしまい、今日の釣りはこれで止めることにした。
IMG_4683.jpg

今日はとても天気が良い。やっぱり釣りをしているときの自分が本当の自分だなあ、なんて思いながら旭川へと向かった。
IMG_4685.jpg

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。