プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭川市・ふるきの「味噌ラーメン」
旭川ラーメンはしょう油味のイメージが強いが、これは某インスタントラーメン会社が勝手に仕立て上げたもの。味噌ラーメンだって美味しい店がたくさんある。そんなわけで隠れた有名店「ふるき」(旭川市緑が丘3条1丁目)に行ってきた。味噌ラーメン(700円)を注文する。


スープは濃厚な感じだが、これがするすると喉を通っていく。熱すぎずちょうどいい温度。麺もほどよい硬さ。すべての要素がほぼ完璧なバランスを保つことによって絶妙な味を醸し出している。この美味しさに余計な説明はいらないと思う。
IMG_4512.jpg

店が小さく住宅街の中にあってわかりにくいかもしれない。また、駐車する場所に戸惑うが店の裏側に広い駐車スペースがあるので心配はいらない。11時30分頃に入った時点で店内はほぼ満席で常連客も多いみたいだ。なお、材料が無くなり次第終了するようなので、早めの時間に行った方がいいだろう。
IMG_4510.jpg

スポンサーサイト
美瑛町・ファミリーレストランだいまるの「美瑛カレーうどん」
最近ご当地グルメがあちこちで出てきているけれど、イマイチぱっとしたものがない。わざわざ食べに行くつもりはないのだが、たまたま美瑛町に出張した際「ファミリーレストランだいまる」(美瑛町中町1丁目)に寄ってみた。メニューには美瑛町のご当地グルメ「美瑛カレーうどん」がある。ご飯じゃなくてうどんというのが気になったので頼んでみることにした。


カレーの入ったどんぶりがあり、これにうどんをつけて食べる。なお、別皿に豚肉、ナス、ニンジン、かぼちゃなどが盛ってあり、極力地元産のものを使っているとのこと。美瑛産小麦を使ったうどんは若干白度が足りないが、コシがあっていい感じ。また、一緒に付いてくるびえい牛乳もカレーと合ってとてもおいしい。カレールーもそれほど辛くないので子供でも食べられそうだ。
IMG_4507.jpg

ちょうどお昼時ということもあって店内は超満員。どのメニューもボリュームがあって人気の店だというのがうかがえた。たとえうどんの白度が多少足りなくてもあえて地元産にこだわる姿勢に好感度◎。ご当地グルメなんてどうせ一過性に終わるんだろうという気持ちが強かったが、恐らくこれは生き残るだろうなと確信しつつお店を後にした。
IMG_4508.jpg

まさか!の時の食生活
ある日突然、食料輸入がストップしたらどうなるか?食料備蓄が尽きてしまえば、わずかな国内生産の食料だけで生き延びなければならないのだが、「食料・農業・農村白書」によると、国内生産でも2000キロカロリー程度の熱量供給を確保することは可能らしい。今日1日まさかの時を想定したメニューで過ごしてみることにした。


まず朝食。ご飯1杯、粉吹きいも1個分、漬物1皿である。いもをおかずにご飯を食べるというのも変な感じだが、これが結構おいしい。また漬物との取り合わせも良い。朝なので空腹ということもあるけれど、とりあえず◎。
IMG_4498.jpg

次に昼食。焼きいも2本、ふかしいも1個、リンゴ4分の1個である。サツマイモは焼くことによってでん粉が糖質に変わるので、その分カロリーが上がる。それはともかく胃の中がでん粉でいっぱいといった感じ。
IMG_4500.jpg

最後に夕食。ご飯1杯、焼き魚1切。焼きいも1本である。結局、動物性の蛋白質はこの魚だけ。
こんな感じでとりあえず1日が終了したが、供給熱量ベースで考えた場合、カロリーが低い野菜よりも炭水化物を多く含むいも類と米を中心とした食生活になってしまう。そうは言ってもいもばかり輪作もしないで作るわけにはいかないし、焼きいもを1日3本、それも毎日食べるというのもかなり厳しい。食料輸入がストップすると本当に大変なことになりますね。
IMG_4502.jpg

札幌市・天ぷら倶楽部の「天丼」
ちょっと外食をしたくなったので、家の近くにある「天ぷら倶楽部」に行くことにした。
安くてボリュームがありそうな天丼(735円)を注文する。ご飯は大盛りにしても値段は同じなのでもちろん大盛りに。ちなみにキャベツの漬物、キムチ、自家製塩からが食べ放題である。


出てきました!天丼はご飯の上にエビ、イカ、白身魚、なす、ピーマンの5品がのっている。大盛りでもご飯が足りなくなったらおかわりができるのでありがたい。これはお腹いっぱいになる。
IMG_4475.jpg

「天かす」を自由に持ち帰っていいとのことなのでもらって帰る。もちろん無料。これはうどんやそばに重宝する。
IMG_4478.jpg

札幌市内のあちこちにあるので見かけたことがあると思う。お昼時は結構混んでいるみたいだが、広いので座れないということはない。ご飯がたくさん食べたい時にはいいかもしれない。
IMG_4477.jpg

和寒町・よこやま食堂のザンギ定食
今日は士別に出張。行く途中に和寒町で昼食タイム。前から気になっていた「よこやま食堂」(和寒町北町)に入る。定食や麺類を中心としたメニューが揃っており、一番高いメニューでも750円と良心的な価格設定だ。


ザンギ定食(750円)を注文する。とにかく肉の量がすごい!付け合わせのスパゲティーとキャベツを合わせるとかなりのボリューム。炊き立てのご飯もすごくおいしい。これは◎です。
IMG_4444.jpg

気さくな老夫婦が2人でやっている。話を聞くと、ここで商売を始めて30年とのこと。「昔は和寒も景気が良かったけど今はさっぱりだね。」と語ってくれた。お店の心意気は出されたものを見れば一目でわかる。これからも頑張ってくださいね。
IMG_4446.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。