プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稚内・ボリューム亭のハンバーグランチ
11月25日、稚内まで日帰り出張である。(やっぱり遠すぎ!)この日の昼はちーさんの情報を頼りに「ボリューム亭」(稚内市中央2丁目6-12)に行った。非常にストレートな店名で期待度大。ハンバーグランチ(850円)を注文する。


出ましたハンバーグランチ!ご飯はもちろん大盛り。ハンバーグも大きいし、野菜も山盛りだ。ちょっとご飯がパサパサしているのが気になるが、濃厚なソースの味付がこれをカバーしている。これはとってもコストパフォーマンスが高い。
IMG_4141.jpg

大盛りやさんなのに店内はショットバーのような雰囲気。定休日は日曜日とのことで色々な意味で意表をついた感じのお店だ。大盛り好きな人は是非訪れたいスポットである。
IMG_4142.jpg

スポンサーサイト
アメマスを求めて道東へ
連休最終日の11月23日、ふとアメマスに会いたくなった。目指すポイントは白糠町の茶路川。午前3時に旭川を出発する。


午前7時、昨年友人たちと来たポイントに到着。昨年とは打って変わってアメマスの姿が全然見当たらない。ポイントを探しながら下流に向かって歩き出す。
IMG_4122.jpg

しばらく歩いたところに大きくて深い淵を見つけた。本日一番のポイントだが、流れが重たいので底付近にどうやってフライを送りこむか…。
IMG_4125.jpg

考えた末、3Bのショットの上5cm位にパロマーノットでエッグフライを結ぶ。いわゆるダウンショットリグというものでルアー釣りのワーム等で良く使う方式。この形ならより底付近を流すことができるはず。
IMG_4130.jpg

数投目で待望の当たり!一気にラインが引き出される。リールファイトに切り替えたとたんハンドルが壊れてしまい、手でラインを手繰りながら魚との攻防戦が続く。数分後にあがってきたのは62cmのアメマス。
IMG_4123.jpg

エッグフライをがっぷりと咥えている。まさに畏敬の念を感じさせる面構え。リリースすると何事もなかったかのように悠然と水底に潜っていった。
IMG_4124.jpg

ハンドルが取れたリール。幸いネジが外れただけだった。やれやれ…。
IMG_4126.jpg

その後、42cmを1匹追加。天気が悪くなりそうなので昼頃に帰路につく。途中でしそ風味の飲み物で有名な地名の看板を見つけて撮影。やっぱり白糠町いいですね。
IMG_4129.jpg

中華鍋でチャーハンを作る
単身赴任後、炒め物も揚げ物もすべて1つのフライパンで作ってきた。ただ、炒め物に関しては小さすぎて飛び散ってしまったり結構問題も多かった。そこで今回新たに直径33cmの中華鍋とお玉を購入。先ず空焼きし、洗剤で洗い、熱して水分を飛ばし、最後に油をひいて何とか使える状態になった。


最初の料理はやはり得意な「チャーハン」である。私の場合、材料も作り方も極めてシンプルだ。
<材料>
ご飯(約2合)、卵2個、長ねぎ1本、サラダ油(大さじ2)、日本酒(大さじ1)、しょう油(小さじ1)、粉末鳥ガラスープの素、塩、こしょう、ごま油、オイスターソース(各適量)
まず、長ねぎ1本を十字に切れ目を入れてみじん切りにする。
IMG_4037.jpg

サラダ油を入れて中華鍋から煙が出るくらいカンカンに熱する。卵を割り入れたら軽く混ぜてご飯と長ねぎを一気に入れる。時々お玉でご飯を押し付けながら軽く鍋を振る。やはり大きな鍋だと炒めやすい。
IMG_4045.jpg

次に塩、こしょう、鳥ガラスープの素を入れてまんべんなく鍋を振り、さらにしょう油と日本酒を入れる。ごま油は香り付けのためのもの。入れ過ぎるとギトギトになるので注意。最後にオイスターソースで味付けして完成。
IMG_4047.jpg

色々な店のチャーハンを食べ歩き、研究を重ねた結果、このレシピにたどり着いた。ポイントはとにかく強い火力で一気に炒めること。中華鍋なら熱伝導が良いので上手にできる。また、鍋に油がしっかりと回っていれば具がくっつくことはほとんどない。是非お試しあれ!
IMG_4049.jpg

アンテナ端子を交換する
我が家の液晶テレビは画像がきれいなのだが、悪天候の日にある局の画像が乱れることに気が付いた。アンテナのせいかとも思ったが、アンテナ端子が旧型になっていることも原因らしいので、自分で取り替えてみることにした。現在の形はこんなタイプである。


ドライバーを使って端子を取り外してアンテナ線を引っ張り出す。普通の同軸ケーブルである。
IMG_4016.jpg

近くのホームセンターでテレビコンセントと金具を買ってきた。全部で600円位である。
IMG_4020.jpg

アンテナ線をコンセントに取り付け、金具を壁面に付ける。ドライバー1本で簡単に取り付けることができる。
IMG_4021.jpg

カバーを付けて完了。おかげで画像の乱れもなく、受信状態も良くなった。自分で簡単にできるので旧型端子のご家庭は取り替えた方がいいかもしれません。(あくまでも自己責任で…)
IMG_4022.jpg

「ゆめぴりか」を食べてみる
先日買ってきた北海道米の新品種である「ゆめぴりか」を食べてみることにした。旭川市内では手に入らず、とある地方のスーパーで偶然見つけたもの。価格は2kgで1080円。


この「ゆめぴりか」にはトレーサビリティシステムが導入されており、ネットで産地や品質等の情報がわかるようになっている。
IMG_4014.jpg

袋に記載されている7ケタのロットナンバーを入力すると産地情報が出てきた。JAピンネ産で10月19日に精米、水分14.8%の製品とのこと。
IMG_4025.jpg

「ゆめぴりか」の炊飯は水分を少し減らすのがポイント。他のお米と違って炊き上がった時の香りがとても良い。とりあえずおにぎりを作ってみる。
IMG_4012.jpg

このお米、冷めてもおいしいのでお弁当用に向いているかも。今年は天候不順の影響で基準品が800トンしか取れなかったようだが、来年は豊作になることを期待したい。
IMG_4013.jpg

東神楽町の温室栽培
11月4日、東神楽町の温室栽培を見る機会があった。昭和40年代後半に水田転作として始まったもので、ガラス温室の中では色々な野菜が栽培されていた。


この温室では「みつば」が栽培されていた。温室内はとても暖かく、寒風が吹きすさぶ外とは別世界である。
IMG_3976.jpg

植えて1週間ほどの苗はこんな感じ。聞かなければみつばだとわからない。
IMG_3986.jpg

水耕栽培なのでマットの下には液肥が流れており、めくってみると根が伸びているのがわかる。種を植えてから60~70日で出荷される。
IMG_3985.jpg

こちらは「かいわれ大根」の種をマットに植えているところ。
IMG_3977.jpg

このような暗い部屋で発芽させる。すぐに芽が出てくるとのこと。
IMG_3978.jpg

種を植えてから5日目で出荷できる。生産から出荷までの回転が早いのが最大のメリットだ。
IMG_3979.jpg

ミニトマトもある。もうすでに終盤だが、こちらも水耕栽培である。
IMG_3980.jpg

まさに野菜工場といった感じ。世界人口が100億人を超えた先、未来の農業ってこんな風になるのかもしれないなあと思った。
IMG_3984.jpg

水族館の裏側
11月1日、次男と「サンピアザ水族館」に行ってきた。この日は「水族館の裏側探検ツアー」という企画に参加した。1日限定10名。係員の指示に従いヘルメットをかぶって出発する。


あちこちにパイプがあり、天井も低くて頭がぶつかりそう。なかなか大変な仕事場だ。
IMG_3955.jpg

水槽を上から見たところ。のぞき箱から「ウツボ」の一部が見えている。
IMG_3937.jpg

海水魚たちのエサは「むきえび」と「いか」がメインとのこと。もちろん人が食べても大丈夫らしい。
IMG_3924.jpg

水槽の水は「ろ過機」で循環して使っている。水は毎日替えているわけではなく、魚に負担をかけないように月2~3回、それも少しずつ替えているのだという。
IMG_3925.jpg

マリンガールの餌付けショーが行われる「回遊水槽」の上は屋根裏みたいな感じ。すのこの下を大きな魚が泳いでいるのが見える。
IMG_3954.jpg

係員が壁と叩くとエイが寄ってくる。手渡しでいとも簡単にエサをあげているが、歯があるので気を付けているとのこと。
IMG_3949.jpg

エサを一気に入れると御覧のとおり。大きな魚がバシャバシャと跳ね、あたり一面に水が飛び散る。落ちたらマジでヤバいかも…。
IMG_3952.jpg

ツアーは15分ほどで終了。この扉の向こうに普段見ることのできない飼育のプロの世界があった。
IMG_3957.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。