プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道北カラフトマス・サバイバル釣行記
8月22日、カラフトマス最盛期であろう道北のオホーツク海沿岸に釣りに行く。メンバーはいつものちーさんと2人。今回はこの日のために用意したロッドK-bulletXD#8のデビュー戦でもある。



カラフトマス用のフライも巻き足す。TMC811Sにホットピンクのクラフトファーを巻いてチェーンボールアイを付けたとっても簡単なもの。午前1時に旭川を出発した。

IMG_3336.jpg

最初のポイントに到着したのが3時20分。あたりはまだ暗く雨が降っているが、雨足が弱くなったところを見計らって釣り始める。ほどなくして強烈な当たり、バッキングラインを何度も引き出しながらオスのカラフトマスがあがってきた。

IMG_3324.jpg

サイズを測ってみると58cm。まだ色が付いていないきれいな魚体だった。

IMG_3323.jpg

その後、ちーさんもカラフトマスを釣りあげる。サイズは同じ58cmの立派なオスだった。

IMG_3326.jpg

その後、釣れなくなったので音標川(おとしべがわ)河口へと移動する。すでに釣り人が10人以上おり、有名なポイントであることがわかる。河口の流心付近でフライでやっている人だけが釣れている。

IMG_3330.jpg

さらに雄武川(おうむがわ)河口へと移動する。ここは「釣り新聞」で爆釣の情報が掲載された場所だが、すでにピークは終了したようだった。左岸では釣れないので、腰までの川を渡渉して右岸へと移動する。ここで事件が起きた。

IMG_3331.jpg

途中で眠たくなったので砂浜の上で1時間ほど昼寝。起きて渡渉地点に戻ると潮が満ちていて左岸に戻れなくなっている。仕方がないので川を迂回する形で国道に出ようと砂浜を歩きだすが、国道と砂浜の間が牛の放牧地になっていてなかなか国道に近付くことができない。やっとのことで国道に出たところは1km以上先のパーキングエリアだった。

IMG_3333.jpg

ちーさんに救援を要請し、車で迎えに来てもらう。普通はこれで止めるところであるが、懲りずにラストチャンスを狙って元沢木川河口へと移動。ここも釣れているのは河口の流心付近でやっている人だけである。どんな釣りでもそうだが、特にカラフトマス釣りにおいては場所という要素が非常に重要だということがわかった。

IMG_3334.jpg

午後7時に釣りを終了し旭川に帰る。ほとんど飲まず食わずで釣り続けた結果はお互いの1匹のみだったがこれはこれで良かった。それにしても雄武川での失態、離れ小島でなくて良かったとつくづく思う。

スポンサーサイト
豊富町・丸勝亭のカツ丼
8月10日から12日まで稚内市から車で30分ほどの所にある豊富町に出張することになった。
ちょうどお昼時になり、一緒に仕事をしているメンバーから「実はこの街においしくてボリュームのあるカツ丼が食べられる店があるんです」との話を聞いてしまった。これはもう行くしかない!

その店「丸勝亭」は国道40号線沿いにある。我々は当然の如くカツ丼(880円)を注文し、待つこと20分、運ばれてくるカツ丼を見るとすでにフタが閉まらない状態。期待に胸が高まってくる。



フタを開けるとこの通り、期待を裏切らないこのボリューム!大きなカツと盛りのいいご飯、ご飯にしみ込んだタレもなかなかいい感じである。これは旭川の四條庵以来のヒットかもしれない。

KC380065.jpg

個人的にはもう少しカツの衣が薄くても良いような気がするが、このボリュームは◎。この他にもラーメンが美味しいらしいので、この次は是非ラーメンに挑戦してみたい。

KC380066.jpg

恵庭岳登山
8月8日、仕事関係の人たちと支笏湖の北側に聳える恵庭岳(1319m)に行ってきた。老若男女あわせて総勢15名の大所帯である。

旭川を4時に出発し、登山口には6時30分頃到着。登山口付近の林の中には数台の車を停めるスペースがある。8時45分に頂上に向けて歩き出す。



登り始めて20分、登山道がジグザグになったあたりから、急勾配の登りになってくる。体力には自信があるが、さすがにきつい。7合目のすぐ手前に鎖場が出てくるが、ここは落石を警戒して一人づつ登ることにする。

IMG_3293.jpg

ほどなくして7合目に到着(10時35分)。別名見晴台といわれるとおりとても眺めが良い。爆裂火口の向こうに頂上が雲間から見え隠れしていた。

IMG_3295.jpg

最高到達点である8合目に到着(11時20分)。平成15年の十勝沖地震の影響でここから先のルートが消失しているため、立入禁止となっている。頂上はすぐ目の前なのに残念である。

IMG_3300.jpg

8合目で大休止。お湯を沸かして豚汁とコーヒーを飲む。天気が良くて最高だが、ここまで暑いと汗の量もハンパではない。12:00に下山を開始する。

IMG_3299.jpg

登山口には14時到着。以前、学生時代に滝沢コースを登攀し、下りにこの登山道を使ったことがあるが、登ったのは今回が初めて。傾斜がきついのでナメてかかると痛い目にあうが、7合目と8合目からの眺望はすこぶる良い。まさに本格的な登山コースだと思う。

天塩町「あげいん」のカツカレー
8月4日~7日まで仕事の関係で天塩・幌延方面へ出張。天塩町とくれば「しじみ」が有名であるが、地元の人に聞いた穴場的スポットである「レストラン喫茶あげいん」(天塩町新開通6丁目)に行くことにした。

ここはカツカレー(900円)がおすすめらしい。まあ、どれ程のものか試してやろうじゃないのってことで早速注文する。←どうもカツカレーのことになるとムキになってしまいスミマセン。



出てきた現物を見てビックリ!まず皿がデカイ!そしてカツの厚さ、久し振りにこんな分厚いカツがのっているカレーを見た気がする。もちろんルーもいい感じにコクがあってうまい!

IMG_3289.jpg

店構えは小さいが、ここのカツカレーが地元で有名というのもわかる気がする。味も、ボリュームもどちらもという欲張りなあなたに超おすすめです。

IMG_3290.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。