プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのカラフトマス
7月26日、カラフトマスを狙いに浜頓別町を出発、最近カラフトマスが釣れ出しているとの情報がある稚内市峰岡方面へと向かう。

目梨川付近の駐車スペースにはすでに数台の車が停まっており、河口付近でロッドを振る人たちが見える。ここでTKDNさん夫妻に会い、情報交換する。



波はそれほどでもないが、右斜め前方からの風が強い。フライが自分を目がけて飛んでくる最悪の状況。周りでも釣れている気配がないので場所を移動。

IMG_3201.jpg

泊内川の河口付近は濁りが入っており、釣り人は4人しかいない。ダメそうなので、さらに場所を移動する。

IMG_3202.jpg

ものすごい悪路を慎重に走り、時前川の河口へ着く。最近の釣り新聞に載ったらしく、たくさんの釣り人が来ていた。ここの風は弱くてフライでも狙える状況。バックスペースがあまりないので、シューティングスペイでキャストする。

IMG_3207.jpg

定番の赤系フライには全く反応しないので、白系のミノータイプに変えてみる。このフライ、スーパーで売っていたサクラマスが口からシラウオを吐き出していたのをヒントにして巻いたもの。

IMG_3208.jpg

数投後、ゴミが引っ掛かったような重さを感じた瞬間、リールが猛烈な勢いで逆転し始め、あっという間にバッキングラインまで引き出された。波打ち際に平行に走ったり、沖に向けて走ったり、物凄い引きである。数分間の格闘の末、カラフトマスがその姿を見せた。

IMG_3205.jpg

体高のあるオスで大きさは54cm。極めて渋い状況で釣れただけに素直にうれしかった。

IMG_3204.jpg

本格的なカラフトマスのシーズンはこれからといった感じであるが、この強烈な引きを知ってしまった以上、もはやこの釣りから抜け出すことはできないような気がする。再来を誓いつつこの地を後にした。

スポンサーサイト
道北河川でイトウ釣り
7月25日、職場の仲間(ちーさん、Tさん)と道北のとある河川でイトウ釣りをした。
釣り場に向かう途中、こうした鹿の群れを何度も見かける。やはりここは自然の真っただ中であることを実感する。

IMG_3188.jpg

釣り場に到着し、ちーさんとTさんはルアー、私はフライでイトウ釣りを開始する。しばらくして携帯電話が鳴り、離れたところで釣っていたちーさんから「イトウが釣れちゃいました」との連絡が入る。そいつを見た瞬間、私は声を失った。

IMG_3189.jpg

なんと82cmの大物!釣り上げたイトウを初めて目の前で見たが、本当に大きい魚だった。

IMG_3190.jpg

前から見たイトウの顔。こんな魚がいるなんて、道北の自然の素晴らしさにただ驚くばかり。

IMG_3191.jpg

ていねいにイトウをリリースして釣りを再開すると、ほどなくしてちーさんのロッドがまた弓形に曲がった。そして上がってきたのは73cmのイトウ。立て続けに2本も釣れるとは…。

IMG_3196.jpg

イトウに傷が付かないよう手早くリリースする。イトウはゆっくりと水の中へ消えていった。結局Tさんと私のロッドにイトウがかかることはなかったが、もしイトウがかかったとしても我々の手には負えなかったような気がする。

IMG_3197.jpg

こうして釣人の針にかかってくるということは、イトウは決して幻の魚ではないということだ。だからこそ幻の魚にならないよう、イトウが棲める環境を大切に守っていかなければならないんだと思う。

手稲山登山
7月20日、今日は「海の日」であるが、我が家では「山の日」ということで、息子たちと手稲山に登ってきた。ルートは比較的手軽に登れる「平和の滝」コースを選択、平和の滝の駐車場に車を停めて8:55分に登山口を出発した。



天気は良いが、前日の大雨のため、登山道には水が流れている状態。すぐに靴がドロドロになってしまう。

IMG_3148.jpg

左手に沢を見ながら登り下りを繰り返し、沢が二股になる橋のところで最初の休憩。ここまで約50分である。

IMG_3150.jpg

水場をすぎるとガレ場が出てくる。このコース最大の難所であり、浮石も結構ある。岩を乗り越えながら少しずつ高度をかせいでいく。

IMG_3157.jpg

ガレ場を過ぎてしばらく登り、ダケカンバの台地を抜け、見晴らしの良いコブに出る。雲の切れ目から札幌の街並みが見える。ここから頂上まであと少しだ。

IMG_3171.jpg

頂上到着11:40分。すでに頂上にはたくさんの人がいる。ここでおにぎりを食べながら大休止。やっぱり山で飲む紅茶は美味しい!

IMG_3163.jpg

頂上から見た風景はこんな感じ。手前にゴツゴツした定山渓天狗岳、さらに遠くには雲がかかった余市岳が見える。さらに遠くには雲海が広がっていた。

IMG_3168.jpg

頂上でミヤマクワガタを見つけて次男は大喜び!がんばって登ったご褒美だったのだろう。

IMG_3166.jpg

12:20分に下山を開始する。ガレ場の下りは危ないのでゆっくりと慎重に降りる。子供達は元気がいいが、私は久し振りの山登りなのでヒザがガクガクする。登山口到着14:45分。運動不足を痛感した1日となった。

IMG_3170.jpg

大雪つりぼりで爆釣!
7月18日、先日の雨の影響で川での釣りは無理と判断し、上川町の「大雪つりぼり」に行くことにした。いわゆる「管理釣り場」である。

ルアー・フライ専用(すべてリリース)の二つの池がある。料金は3時間1500円、半日(5時間)2000円、1日2500円と比較的安いので、とりあえず半日やることにした。上の池はこんな感じで、すでにあちこちで魚がライズしている。



フライをキャストするといきなり40cmのブラウンがヒット!黄色い魚体がきれいに輝いていた。

IMG_3127.jpg

その後も40cmクラスのブラウンが釣れてくる。フライのパターンはエルクヘアカディスやモンカゲロウなど虫らしいものなら何でもアタックしてくる。この赤い斑点があるパターンの魚が多かった。

IMG_3121.jpg

このブラウンはシルバー系。同じブラウンでも様々な模様がある。ほとんど入れ食い状態が続き、チカ釣りと同じ感じでブラウンが釣れてくる。

IMG_3125.jpg

上の池はブラウンばかりで、さすがに飽きたので下の池に移動する。上の池よりも大きいサイズの魚が泳いでいるが、警戒心が強く、なかなかヒットしない。

IMG_3129.jpg

突然フライをひったくるようにヒットした42cmの銀毛ニジマス。ジャンプしたり、水草の陰に入り込んだり、かなりのファイトを見せてくれた。これ食べたらうまいだろうなー。

IMG_3122.jpg

この日、一番の大物だった48cmのエゾイワナ。やはり下の池の方が型が良いのが釣れる。管理人の話ではイトウも生息しているらしい。この日はルアーの人が60cm級のニジマスをあげていた。

IMG_3126.jpg

さすが釣りぼりだけあってメチャクチャ釣れるが、魚のファイトは天然モノと全く変わらない。魚とのやり取りの感覚をつかむためのトレーニングには最適の場所だ。

留萌・サンセット千望台の「ホタテピラフ」
7月15日、今日は留萌へ日帰り出張である。新たなランチスポットを求めて一度行ってみたかった千望台へと向かった。

本当にこの道でいいのか不安を抱えつつ、住宅街を通り過ぎ、さらに細い道を進んでいくと「サンセット千望台」に辿り着いた。ログハウス風のレストランである。

IMG_3119.jpg

店内は山小屋風でいい雰囲気。メニューは洋食が中心である。今日は「ホタテピラフ」(780円)を注文する。



「ホタテピラフ」はどちらかというとチャーハンのような感じだが、バター風味のホタテと炒めたご飯が絶妙な味を醸し出している。ちなみにサラダとスープも付いている。

IMG_3117.jpg

この日は曇っていたが、ここから見る留萌市内の景色は素晴らしい。きっと夕暮れ時は最高だろう。留萌に来る楽しみがまた増えた。

IMG_3118.jpg

大雪湖でアメマス釣り
7月12日、昨日阿寒湖から帰ってくる時に気になっていた大雪湖に行ってみることにした。旭川から80kmと阿寒湖に比べたらすぐ近くである。(最近、距離感がマヒしてる俺・・・)

高原温泉入口の反対側にある自然観察公園に車を止め、獣道をかき分けながら15分位進むと大雪湖のインレットに着いた。



阿寒湖用に巻いた♯14のエルクヘアカディスをキャストすると、すぐに30cmのアメマスが釣れた。阿寒湖の金色アメマスとは違ってシルバーグレーのノーマルタイプである。

IMG_3079.jpg

そうこうするうちにあちこちでライズが起こり、20~30cm位のアメマスが一時入れ食いモードに入る。この日一番大きかったのがこの33cmのアメマスだった。

IMG_3083.jpg

10匹ほど釣れたので今日は終了。この辺りはヒグマの生息地らしいので、暗くなる前に帰ることにする。車に戻る途中にもシカの足跡がいっぱいある。どうやらここは完全に野生動物のテリトリーのようだ

IMG_3084.jpg

まだ時間があるので帰りがてら層雲峡近辺の観光スポットを散策する。大函付近は釣れそうなポイントがたくさんあるが、さすがに観光客の前で下手なキャスティングはお見せできない。

IMG_3087.jpg

銀河・流星の滝はすごい迫力だ。学生時代に凍ったこの滝を登った(というか先輩に登らせてもらった)ことがあるが、さすがにもう登る気力はない。双爆台まで登って撮った写真はこんな感じだ。

IMG_3093.jpg

上川管内にはまだまだ沢山のポイントがありそうなので、これからも探ってみたい。

阿寒湖リベンジ!
7月11日、先週に引き続いて阿寒湖へと向かった。片道3時間半の道のりも慣れるどうということはないが、夜は道路沿いにシカがたくさんいるので慎重に運転しなければならない。

午前5時、大島に向けて船に乗る。他の人たちはヤイタイへ行くらしく、大島で降りたのは私一人。目指すポイントに向けて歩き出す。



今日は西風なので、東側のポイントに魚が集まっているのではないかと期待したが、残念ながら反応なし。さらにライズを求めて島の周りをめぐり歩く。

IMG_3078.jpg

対岸の「大島前」は釣り人が一人しかいない。ここでヤイタイに行ってきた人に会う。話を聞くとヤイタイでは一人平均2~3匹釣れたらしく、その後大島の様子を見にきたという。その人が言うには「大島は風向きで釣れる場所が変わるので魚がいないところではいくらやってもダメ。また、アメマスはフライをすぐに見切るので着水後フライをチョンチョンと動かして誘うと良い」とのこと。やってみるといきなりガバッとアタックがあったが、焦ってヒットならず…。

IMG_3077.jpg

結局島を3周したが、一匹も釣れず、午後3時に大島を後にする。今まではライズばかり追い求めていたが、ライズが無くてもアメマスを積極的に誘う釣り方があるということがわかった。阿寒湖のアメマス釣りって本当に奥が深いな~。

札幌市・白石区「オムパレス」のオムライスランチ
7月8日、夏休みをとったので久し振りにカミさんと「オムパレス」(白石区本郷通2丁目)に行った。
以前にも行ったことがあるが、ここのオムライスはとにかくデカいのである!

オムライスランチはMサイズのオムライスにドリンクが付いて1000円前後の価格設定となっている。



私が注文したのは「キノコの森のオムライスチーズ風味」(1000円)。トマトソースとデミグラスソースがダブルでかかっている。Mサイズなのにかなりのボリュームだ!

IMG_3065.jpg

カミさんが注文したのは「エビ・ホタテ・ムール貝の海鮮オムライス(トマトソース)」(1000円)。外見は変わらんが、中にはシーフードが入っていていい味を出している。

IMG_3066.jpg

白石区役所の隣りにあるのでわかりやすい。なお、平日の夜と土曜日の昼間にはLLサイズの卵を5個使ったレギュラーサイズ(Mサイズよりさらに大きい!)を食べることができるので、ぜひ挑戦してみて下さい。はっきり言ってコレステロールとの戦いです。

IMG_3067.jpg

札幌・銀星食堂の「カツカレー」
7月6日、今日から出張のためしばらく札幌滞在である。久し振りに札幌市内の新たなグルメスポット探索を行うことにした。

今日の狙いは絶品のカツカレーを求めて「銀星食堂」(札幌市北区北七条西7丁目 )へと向かう。ちょうどお昼時ということもあって店内は満席。数分後に一席空いたので何とかそこへ座ることができた。

カツカレー(610円)を注文する。一番高いメニューでも600円台なので、このあたりのお店の中ではコストパフォーマンスがかなり高い。



出てきた!カツカレー。トンカツの揚がり具合がサクッとしていい感じ。ルーの中にはたくさんの肉や野菜が溶け込んでおり、それほど辛くないのがいい。量的には普通かも。

IMG_3054.jpg

今まで食べたカツカレーの中ではかなり上位クラス。またここの定食も人気があるようだ。ほぼ合い席状態であり、12時~13時の間はものすごく混雑するので時間をずらした方がいいと思う。この次はぜひ大盛を注文したい。

IMG_3055.jpg

阿寒湖・奈辺久の「わかさぎ天丼」
7月4日、昼間ほとんど何も食べずに釣りしていたので、阿寒湖温泉街にある郷土料理「奈辺久」でご飯を食べてから旭川に帰ることにした。

ここの有名メニュー「わかさぎ天丼」(730円)を注文する。どうみてもこのメニューだけが突出して安い設定になっている。安くたくさん食べてもらいたいという店主の心意気が感じられる。

IMG_3039.jpg

わかさぎの天ぷらは山盛り状態で、どんぶりからこぼれてしまうほど。甘辛いタレも絶妙で、ご飯の量も多い。これは予想以上のボリュームだ!あまりにも空腹のため一気に完食。

IMG_3038.jpg

阿寒湖の釣りの後にはまた来たいお店だ。お腹がいっぱいになったので運転の途中で眠くなる。足寄湖の道の駅駐車場で仮眠するつもりが熟睡してしまい、旭川到着は午前2時近くになっていた。

IMG_3041.jpg

再び阿寒湖へ
7月4日、先週と同じ楽しい釣りができるのではと思いつつ阿寒湖へと車を走らせた。

前回はネットが小さくアメマス君達に甚だご迷惑をかけたので、今回は大型ネットを購入。今までのチビちゃん用と比べて大きさが全然違う。これで大物がかかっても大丈夫である。
IMG_3042.jpg

最初にネットで調べて気になっていた阿寒川に行ってみることにする。駐車スペースがあまりなく、ご覧のとおりの看板。何だかヤバい雰囲気満載ですが・・・。


とりあえず川を目指してヤブを漕ぐが、川に降りるまでものすごい急斜面を下る羽目に…。川は水圧が強く、バックスペースも当然なし。一度フライにアタックがあったが、自分の実力ではどうにもならないことを実感し草々に撤退。釣りはもちろんのこと遡行技術にも難しい技術を要する川だということがわかった。
IMG_3028.jpg

場所を阿寒湖の「大島前」に移動する。広い駐車スペースがあって湖岸へのアプローチも楽だ。ライズはほとんどなく、1週間前とは全く違う状態。周りもほとんど釣れていない様子。私も1度だけアメマスがヒットしたが、痛恨のラインブレイク。
IMG_3031.jpg

夕方、「ボッケ前」に移動する。スピナーフォールが始まっているが、どうしたことか湖面にライズはない。モンカゲのシャック(抜け殻)も全く浮いておらず、何かが違う気がする。あたりも暗くなってフライが見えなくなってきたので帰ることにする。
IMG_3035.jpg

どうやらこの1週間で阿寒湖のシーズンは終了したみたいである。自分が気が付かないうちに、季節は刻一刻と変わりつつあるようだ。
IMG_3037.jpg

というわけで今回の釣果はゼロ。自分の場合、これが普通っていうか、前回が出来過ぎだったのかもしれない。もちろんこの日のために用意した大型ネットの出番はなし。まあ来年使う機会はあるだろうが、「無用の長物」にならんことを祈るばかりだ…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。