プロフィール

HAKASE

Author:HAKASE
北海道札幌市に生息中。「HAKASE」は子供の頃の愛称。何事にも超ドM的に取り組んでいます。技術士(農業部門)。フライフィッシング、B級グルメほか研究テーマ募集中!研究員も募集中です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

フリーエリア

HAKASEの研究室
超ドM的こだわりの世界へようこそ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿寒湖のアメマス・大島2日目
この日の夜はホテルエメラルドに宿泊。夜はシューティングスペイでおなじみの杉坂研治さんを交えての宴会があり、結局寝たのは午前0時。眠い目をこすりながら午前4時にhayaさんと一緒に湖岸のポイントに行ってみるが、昨日の夕方とうってかわって全然ダメ。すっかり出遅れた状態ではあるが、だめもとで大島に渡ることにする。

予想通り大島は風も波もなく、ライズもかなりの散発状態。ライズを探しながら島を一周することにした。


島の東側でライズを発見。数投目でキャッチしたのは30cm級のアメマス。小さいが元気が良かった。
IMG_3016.jpg

さらに先に進んで行き、今度は西側の少し沖目でライズを発見。見やすいように少し大きめの「エルクヘアカディス」に変える。何度かキャストし、2回目のアタックでフッキング。今まで釣った中で最も大きく、かなりの大物であることに気が付くのにそれほど時間はかからなかった。ヤツは水面を跳ねまわったり、水中深くに潜ったりと激しく抵抗する。
IMG_3019.jpg

ロッドを弓なりに曲げ、ヤツが水中で反転した瞬間、ふっとラインが軽くなったのを感じた。長いようで短かかった勝負は魚の勝ちで幕を閉じた。そして何事もなかったかのように目の前にはただ静かな水面が広がっていた。
IMG_3017.jpg

この2日間、阿寒湖でとても充実した釣りを楽しむことができた。それと同時にフライフィッシングって本当に奥が深いなあと改めて感じた2日間でもあった。杉坂さん、COWPAPAさん、hayaさんをはじめ、自分にこうした機会を与えてくれた全ての皆さんに感謝したい。本当にどうもありがとう。


スポンサーサイト
阿寒湖のアメマス・湖岸のスーパーハッチ
午後5時に船が迎えにきたので桟橋に戻るが、まだ時間があるので湖岸のとある有名ポイントに行くことにする。情報によると午後6時から7時の間のほんの短時間にカゲロウが大量に羽化するらしい。

カゲロウが空から降り注ぐように湖面に落ち、それを狙ってアメマス達が水面をライズする。いわゆるスーパーハッチが起こるのである。そのど真ん中にカゲロウを模したフライを投げるとどうなるか。もはや説明する必要はないであろう。我々はその一瞬を待った。
IMG_3008.jpg

これがモンカゲロウのダン(亜成虫)である。羽化したばかりのカゲロウはこの状態で弱々しく飛び、湖面に落ちるものも多い。
IMG_3003.jpg

これを模したフライがこれである。モンカゲロウの実物を見たことがなく、見よう見まねで巻いたもの。これにアメマスが食い付いてくれればいいが・・・。
IMG_3021.jpg

間もなくその時が訪れた。空からカゲロウが降り注ぐように飛んでくる。これを「スピナーフォール」と言うらしい。カゲロウ達の姿はまるで天からの使者のようだ。
IMG_3005.jpg

スーパーハッチというほどではないが、時折ライズリングが湖面に広がり、そこへモンカゲロウのフライをキャストする。「ボゴッ」という音と共に水面のフライが消え、上がってきたのは44cmのアメマスだった。自分が巻いたフライのパターンが当たっていたというのがうれしかった。
IMG_3010.jpg

夕日の中、カゲロウが飛び回る幻想的な光景が広がる。この後、40cm級を2匹追加してこの日は終了。あたり一面を飛ぶカゲロウ達を見ながら、何ともいえない不思議な感覚にとらわれていく自分を感じた。
IMG_3013.jpg

阿寒湖のアメマス・大島1日目
6月26日、アメマスを狙いに阿寒湖へと向かう。阿寒湖のアメマスは私にとって初めての挑戦であり、期待と不安が入り混じる中、午後10時に旭川を出発した。

午前2時に阿寒湖温泉街に到着、「フィッシングランド阿寒」の駐車場で同じ釣り仲間のCOWPAPAさん、hayaさんと合流する。室蘭から5時間かかって着いたとのこと。


ここで遊漁券(1500円)を買い、3000円を払って船で大島まで渡してもらう。船のスピードはとても速く、あっという間に大島に到着する。
IMG_2983.jpg

大島は阿寒湖最大の島。時折アメマスのライズがあるが、何の虫を食べているのかわからない。厳しい状況の中、COWPAPAさんが黒系のドライフライで55cmのアメマスを釣りあげた。
IMG_2988.jpg

私の方は全然ダメ。なかなか釣れないのと昨夜の運転の疲れがどっと出てしまい、思わず昼寝。こうして寝そべってみると空がでっかく感じられる。
IMG_2989.jpg

どうしてもドライフライでは出ないので、試しにビーズヘッドニンフでやってみる。困った時にはとりあえずこれを結ぶことにしているのだが・・・。
IMG_3020.jpg

数投目、引っ張ってくる途中でゴツゴツとした当たりがあり、上がってきたのは40cmジャストのアメマスだった。小さいが、我が人生初のアメマスだ。
IMG_2992.jpg

その後、また当たりが無くなったが、COWPAPAさんがオリジナルフライで50cm級のアメマスを釣りあげた。このオリジナルフライはカゲロウのある状態を模したものらしい。
IMG_2997.jpg

COWPAPAさんにオリジナルフライを1ついただいてチャレンジしてみると、いきなり水面を割って43cmのアメマスが釣れた。話には聞いていたが、阿寒湖のアメマスは本当にきれいな黄金色に輝いていた。
IMG_3002.jpg

でんすけすいか2009
今年もまた職場に当麻の「でんすけすいか」が届いた。
毎年この時期を楽しみにしているのは私だけではない。身の締まりといい、甘さといい、まさにスイカの最高峰だと思う。

ひとつひとつのすいかに生産者の名前が書かれたシールが貼られてある。生産者も責任をもってすいかを作っているということだ。



JA当麻のすいか選果場に入る機会があった。これはすいかの糖度を測定する機械。すいかを切らなくても甘いかどうかがわかるというすごい機械である。。

IMG_2940.jpg

これはすいかの中に空洞があるか調べる機械。これまたすいかを切らなくても空洞があるかどうかわかるのである。

IMG_2942.jpg

パッケージがとても斬新である。中にすいかが入っているとは思わないようなデザインである。

IMG_2944.jpg

今年初のでんすけすいかを試食する。食感、甘さともに申し分ない。近所のスーパーでは一玉5800円で売られていたので、これ一切で300円位するにのではないだろうか。

IMG_2965.jpg

ちなみに今年の初競りは一玉30万円とのこと。驚くような金額だが、それでも昨年の半額ということでやはりここにも不景気の波が直撃しているようである。不景気に負けずにがんばってもらいたい。

旭川・鳥料理「小野木」
旭川に鳥料理専門の店があるので久し振りに行ってみた。
知る人ぞ知る「小野木」(旭川市東旭川北1条6丁目)である。旭山動物園通りを動物園に向かって左側にあるのでわかりやすい。

いつもは「千鳥揚げ定食」を食べるのだが、この日は平日20食限定の「特選ランチ」(1000円)を注文する。鳥の串揚げ、鳥丼、茶碗蒸し、味噌汁、漬物、ゴマプリン、コーヒーとボリュームたっぷりの内容だ。

ここの鳥肉は脂身が無くとても柔らかい。また、鳥肉には塩味のすりごまを付けて食べるのだが、これが微妙な塩加減で素材の味を引き立てているのである。

見た目は敷居が高く感じるが、値段もそれほど高くないし、従業員の対応も良い。旭山動物園の帰りに寄るのもいいかもしれない。


ニチレイの「本格炒め炒飯」
もし得意料理は何ですか?と聞かれたら即座に「チャーハンです!」と答える。各地のチャーハンを食べ歩いて自分なりのレシピを確立、はっきり言って「うまい!」と言わせる自信がある。

私のレシピはそのうち紹介することにして、今日はニチレイの「本格炒め炒飯」を紹介したい。「何だ冷凍食品かよ!」と思われるかもしれないが、実はこれがなかなかのものなのだ。

以前、ニチレイの商品開発担当者に聞いた話では、この商品には北海道米が100%使われており、これがチャーハンによく合っているとのこと。また、業務用の鉄板を使って高温で一気に炒めているため、一般家庭では出せないおいしさがあるらしい。そこで本当にうまいのかどうか確かめてみた。

1袋450g入りなので、1回で食べるなら結構な大盛りである。レンジでチンしてもよいが、今日はこれをフライパンで炒めてみる。



はじめはご飯も具材も凍っているが、炒めているうちにすぐに柔らかくなってくる。

IMG_2848.jpg

中火で8分ほどで出来上がり!仕上がりがパラッとしており、味も本格的なチャーハンである。冷凍食品と言わなければ本当にわからないかもしれない。

IMG_2850.jpg

自分で作ったチャーハンもうまいけど、仕事で遅く帰ってきた時などこれはとても重宝する。また、特売なら250円位で売っており、コストパフォーマンスが高いのもGOOD。我が家の冷凍庫の常備品に確定である。

やっと終わった運動会
6月6日、今日は先週延期になった運動会の日。前日の雨ですごく不安な気持ちで夜が明けるのを待つ。

当日の朝、曇っているが雨は降っていない。朝6時に運動会実施の合図である花火の音が聞こえた。



私の担当はおにぎり。先週はいなりずしだったが今回は少しパワーダウン。

IMG_2883_convert_20090606191251.jpg

眠気を吹き飛ばしながらの弁当作り。何とか完成!

IMG_2886_convert_20090606191012.jpg

少し肌寒いが、運動会にはちょうど良い天候だ。一部日程を繰り上げて午前中で無事終了。

IMG_2891.jpg

今日中止になったら明日、明後日と延期になるところだった。とりあえず一安心…。

命がけの肥育牛市場
6月2日、久し振りに家畜市場を見に行ってきた。この日は肥育牛の売買が行われていた。肥育牛というのは食肉用に太らせた牛のことである。

大きな牛が次々とトラックで運び込まれてくる。生後24か月の牛を近くで見ると本当にデカイ!



運ばれてきた牛は先ずここで体重を計る。肥育牛1頭の重さは800kg近くもある。

IMG_2831.jpg

重さを計った後、作業員が「もくし」というロープを引きながら牛を係留所へ引っ張っていく。しかし牛もなかなかいうことをきかない。

IMG_2834.jpg

肥育牛には立派な角がある。まともに体当たりされたら生死にかかわるまさに命がけの仕事。この直後、角の尖った牛が私のすぐ真横を物凄い勢いで走り抜けて行った。

IMG_2835.jpg

市場内ではすでに取引が行われている。場内は牛を売り買いする人たちの熱気で溢れていた。

IMG_2839.jpg

入札状況を示す電光掲示板の数字がみるみるうちに上がっていく。ちなみにこの牛は42万円で落札された。

IMG_2842.jpg

最近は肥育牛の価格も低めとのこと。景気が悪くて牛肉消費が落ちていることも原因だという。

IMG_2843.jpg

牛を育てる人がいて、牛をトラックで運ぶ人がいて、牛をロープで引っ張る人がいる。こうした人たちのおかげで牛肉を食べることができるんだな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。